システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて]

【条件2】アドオン開発はパッケージを常に最新版に保てる設計に

2015年3月18日(水)京セラコミュニケーションシステム(KCCS)ERP導入支援チーム

条件1では、社内のプロジェクト体制の重要性を指摘した。ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージを“既製服”に見立てれば、それに見合った形で導入するには、自社の“決める力”が必要だからだ。条件2は、既製服に、どうしても合わせられない場合のアドオン開発におけるポイントを整理する。

 条件1の説明の中で、ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージを導入する利点として、以下の4つを挙げた。

(1)統合パッケージとしての全体最適化
(2)業務プロセスのグローバルスタンダード/各国制度会計への対応
(3)標準で提供される豊富で実績のある機能群
(4)短期間での立ち上げ

 このうち、(2)と(3)は、最新機能や、多くの導入実績の中で品質改善されたモジュールを常に利用することで初めて、その恩恵を十分に受けられる。つまり、ERPパッケージは常に最新版にバージョンアップできたり、最新機能を利用できたりする状態にあることが理想だといえる。

バージョンアップを想定した設計が必要に

 しかし従来の考え方では、一度導入したERPパッケージに対し、多大な労力を要するバージョンアップは実施しないのが通例だった。機能修正のためのパッチの適用さえ、はばかられる風潮がある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Web-APIを活用しアドオン開発の最適化を図る
  • 1
  • 2
バックナンバー
ERP導入に失敗しない3つの条件、ベンダーの言いなりにならない真の活用に向けて一覧へ
関連記事

【条件2】アドオン開発はパッケージを常に最新版に保てる設計に条件1では、社内のプロジェクト体制の重要性を指摘した。ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージを“既製服”に見立てれば、それに見合った形で導入するには、自社の“決める力”が必要だからだ。条件2は、既製服に、どうしても合わせられない場合のアドオン開発におけるポイントを整理する。

PAGE TOP