[新製品・サービス]

クオリカ、ソフトウェアテストを効率化するシミュレーターをクラウドで提供

2015年4月7日(火)IT Leaders編集部

ITホールディングス傘下のクオリカは2015年4月6日、ソフトウェアのテスト業務を効率化するためのシミュレーターをクラウドサービスとして提供し始めたと発表した。そのために米CA Technologies(CA)と提携。CA製のシミュレーター「CA Service Virtualization」を使って、新サービスを開発した。

 シミュレーターのクラウドサービス「QTaaS(キュータース:Qualica Testing as a Service)」は、アプリケーションプログラムに対する種々のテストを実施するためのサービス。クライアント/サーバー間での通信をシミュレーションすることで実現する。

 基本的な利用方法は、本番環境のシミュレーション。本番データの漏洩を防いだり、外部システムへの接続制限などを受けたりすることなく開発/テストが実施でできるようになる。

 オプションで、画面だけが完成しているプログラムを使ったデモ/教育や、複数ユーザーからの同時アクセスといった負荷テスト、実際の操作に基づくテストシナリオの作成などにも利用できる。

 QTaaSでは、テストに必要な環境をクオリカが構築し、クラウド基盤から提供。
仮想サービスの設計/実装作業のほか、サービス利用に関する電話サポートも用意する。

 QTaaSの利用料金は月額150万円(税別)から。1カ月単位で最低3カ月の契約が必要である。

関連記事

クオリカ、ソフトウェアテストを効率化するシミュレーターをクラウドで提供ITホールディングス傘下のクオリカは2015年4月6日、ソフトウェアのテスト業務を効率化するためのシミュレーターをクラウドサービスとして提供し始めたと発表した。そのために米CA Technologies(CA)と提携。CA製のシミュレーター「CA Service Virtualization」を使って、新サービスを開発した。

PAGE TOP