CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[オピニオン from CIO賢人倶楽部]

崖っぷちに立たされたIT部門の進むべき方向とは

2015年4月23日(木)CIO賢人倶楽部

「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、積水化学工業の寺嶋 一郎 氏のオピニオンです。

 ITを取り巻く環境が大きく変わろうとしている。数年前にはバズワードと呼ばれた「クラウド」は、今や当たり前。快適なモバイル環境はタブレットやスマホなどの新端末の活躍の場を広げ、様々な「もの」がインターネットに繋がりつつある。クラウド技術やビッグデータにより復活をとげた人工知能(AI)は近い将来、夢のようなサービスを提供するはずだ。

 インターネットの出現が社会を大きく変えてきたように、こうした新たなITの潮流は、社会をこれまで以上に、一層大きく変える。企業活動においても、ITの活用の巧拙がますます大きな影響を与えるはずである。

 ならば、IT部門の役割もまた重要になっていくはずなのに、多くのIT部門はなぜか元気がないように見える。新たなITに戸惑い、対応する有効な手立てを打てないでいるかにも見える。

 最近、IT部門はビジネス部門から煙たがられているという。クラウドを使いたくて相談に行った。IT部門の答えはセキュリティ上の理由とかで、ろくに検討もせずにNo。埒が明かないと感じたビジネス部門はIT部門を無視し、いわゆる「シャドーIT」なるものが社内に蔓る――。こんな構図だろうか?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
オピニオン from CIO賢人倶楽部一覧へ
関連記事

崖っぷちに立たされたIT部門の進むべき方向とは「CIO賢人倶楽部」は、企業における情報システムの取り込みの重要性に鑑みて、CIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)同士の意見交換や知見を共有し相互に支援しているコミュニティです。IT Leadersは、その趣旨に賛同し、オブザーバとして参加しています。同倶楽部のメンバーによるリレーコラムの転載許可をいただきました。順次、ご紹介していきます。今回は、積水化学工業の寺嶋 一郎 氏のオピニオンです。

PAGE TOP