コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

シスコシステムズ、オンライン会議のための無料クラウドサービス「Cisco Spark」を発表

2015年4月24日(金)IT Leaders編集部

米シスコの日本法人は2015年4月23日、クラウドベースのオンライン会議サービス「Cisco Spark(シスコ スパーク)」を発表した。PCやモバイル端末からオンラインでの会議に参加できる。

 Cisco Sparkは、オンライン会議を開設・運営するためのクラウドサービス。各種機能は無料で利用できる。同様のサービスとしてこれまで、「Project Squared」を2014年11月から提供してきた。Sparkでは、同サービスをベースに、ユーザーからのフィードバックに基づき機能を追加した。

 Sparkでは、仮想会議室を立ち上げ、専用アプリケーションまたはWebブラウザから参加できる。メンバーやトピック、プロジェクトの別などに会議室を設けられる。参加者は、複数メンバー間で音声/ビデオ、画面による情報共有が図れ、メッセージの送受信やファイルの共有・閲覧ができる。

 利用者はサインアップすれば、1対1およびグループメッセージ機能/ファイル共有/1対1ビデオ会議(参加人数は3人まで)/モバイルカレンダー/連絡先の統合/オンラインセルフサービス/エンドツーエンドのコンテンツ暗号化の各機能を利用できる。

 会議室には、メンバー全員のファイルや文書、決定事項がまとめて保管されるため、仮想会議/ビデオ会議/チャットなどを通じて、チーム内のコミュニケーションを高められる。

 暗号化によって、会議室の管理機能を実現した。利用者が会議室に招待/除外する人を管理できる。管理者は、SSO(Single Sign On)、ディレクトリ同期の設定、役割ベースのアクセス、利用レポートの作成などの機能が利用できる。カレンダーの統合により、カレンダーから会議室を設定してメンバーを招集することもできる。

 新たにWindow用クライアントを用意した。同サービスを開いていない時でもデスクトップのコンテンツに素早くアクセスできるほか、チームメンバーへ通知できる。ブラウザのFirefox利用者も、プラグイン不要でビデオやモニター画面を共有できる。

 有料版も用意する。「Cisco Spark Message」と「Cisco Spark Message and Meet」の2種類があり、日本語版は2015年第3四半期に発売する予定だ。

 Cisco Spark Messageでは、すべての基本機能に加え、会議室運営管理/SSO/ディレクトリ同期/ライブサポートの各機能が利用できる。社内のIT担当者がセキュリティ設定を追加でき、社内で必要なツールを提供してコラボレーションサービスを管理できる。

 Cisco Spark Message and Meetでは、同Messageの機能に加え、会議の参加人数は8人にまで可能になる。「WebEx Meeting Center」または「Enterprise Edition」との連携により、より幅広いコラボレーション機能をリアルタイムで利用できる。

 Cisco Spark Messageと同Message and Meetの価格は、購入数/契約条件による個別見積もりである。

関連記事

シスコシステムズ、オンライン会議のための無料クラウドサービス「Cisco Spark」を発表米シスコの日本法人は2015年4月23日、クラウドベースのオンライン会議サービス「Cisco Spark(シスコ スパーク)」を発表した。PCやモバイル端末からオンラインでの会議に参加できる。

PAGE TOP