[新製品・サービス]

NECキャピタル、無線LAN環境を貸し出す「マネージドWi-Fiサービス」を開始

2015年7月7日(火)IT Leaders編集部

NECキャピタルソリューションは2015年7月6日、オフィスへの無線LAN環境導入を支援する「マネージドWi-Fiサービス」の提供を開始したと発表した。法人を対象に、機器の貸し出しから構築/運用までを代行する。

 マネージドWi-Fiサービスは、無線LANのアクセスポイント(AP)を貸し出し、その導入から運用までをサポートする月額課金型のサービス。利用企業は無線LAN関連の資産を持たずに、無線LANを利用できる。NTT東日本の「ギガらくWi-Fi」を使い、NECキャピタルソリューションのサービスとして提供する。

 無線LAN環境の構築/運用では、複数の無線LAN APの設置から設定、管理までに加え無線LAN利用者に対するヘルプデスクやトラブルサポートも代行する。IT担当者や無線LAN利用者の利便性や生産性の向上を図る。

 マネージドWi-Fiサービスの利用料金は、無線LAN AP1台当たり「ベーシックプラン」が月額2980円(税別、以下同様)、「ハイエンドプラン」は月額4480円。最低24カ月の利用期間契約が必要になる。

関連記事

NECキャピタル、無線LAN環境を貸し出す「マネージドWi-Fiサービス」を開始NECキャピタルソリューションは2015年7月6日、オフィスへの無線LAN環境導入を支援する「マネージドWi-Fiサービス」の提供を開始したと発表した。法人を対象に、機器の貸し出しから構築/運用までを代行する。

PAGE TOP