メインフレーム メインフレーム記事一覧へ

[市場動向]

メインフレームと呼ばれる大型サーバーを知っていますか?日本IBMが学生対象にメインフレームのコンテストを実施

2015年10月7日(水)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

「メインフレームを知っていますか」と聞かれ、「当然だ」という層と「それは何ですか?」という層に分かれるのが今の時代である。オープンシステム、さらにはクラウドしかしらないIT技術者がいるというから、それも不思議ではない。そうした中、日本IBMがメインフレーム環境を対象に学生向けのコンテストを実施している。背景には、メインフレーム技術者の不足がある。若いIT技術者にとって、メインフレーム技術者という選択肢はあるのだろうか。

 メインフレームは、メーカーの独自OSを搭載する大型コンピューターの総称である。1951年に登場した商用コンピューター「UNIVAC I」が起源とされる。1964年に米IBMが発表した「System/360」が採用したアーキテクチャーによって、ハードウェアとアプリケーションの分離が確立された。汎用コンピューター、ホストコンピューターとも呼ばれる。

 1980年代後半からPCやUNIXサーバーによるオープンシステム化や、その後のインターネット時代を迎えるまで、大型プラットフォームはメインフレームしかなかったのだから、大手企業の基幹システムはほぼメインフレーム上に構築されている。現在、ATM(Automatic Teller Machine:現金自動預払機)で種々の取引ができるのも、1980年代後半に稼働した銀行の第3次オンラインシステムがあるためだ。

メインフレーム保有ユーザーが技術者不足に危機感

 オープンシステムにおけるRAS(Reliability、Availability、Serviceability:信頼性、可用性、保守性)機能の向上に伴い、メインフレームからオープンシステムへのマイグレーションも進展している。それでも、金融、製造、官公庁/自治体といった業種を中心に、メインフレームが企業にとって重要なデータを扱う基盤になっている企業は少なくない。

 ただ、メインフレームしか利用していないという企業も、ほぼいない。UNIXやWindowsを搭載するサーバー上で、ERP(Enterprise Resource Planning:統合基幹業務システム)を稼働させている企業もあれば、情報共有やコミュニケーションなど、いわゆる情報系のシステムや、EC(Electronic Commerce:電子商取引)のためのシステムなどはオープンシステム上で稼働している。最近では、これらのシステムをクラウドコンピューティングサービス上で稼働させるケースも増えている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】累計8万人弱が参加するメインフレーム・コンテスト
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

メインフレームと呼ばれる大型サーバーを知っていますか?日本IBMが学生対象にメインフレームのコンテストを実施「メインフレームを知っていますか」と聞かれ、「当然だ」という層と「それは何ですか?」という層に分かれるのが今の時代である。オープンシステム、さらにはクラウドしかしらないIT技術者がいるというから、それも不思議ではない。そうした中、日本IBMがメインフレーム環境を対象に学生向けのコンテストを実施している。背景には、メインフレーム技術者の不足がある。若いIT技術者にとって、メインフレーム技術者という選択肢はあるのだろうか。

PAGE TOP