[新製品・サービス]

米ウインドリバー、IoTのためのクラウド環境と無償OSを発表

2015年11月5日(木)IT Leaders編集部

米ウインドリバーは2015年11月3日(米国時間)、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)のための総合的なクラウド環境となる「Wind River Helix Cloud」と、無償OSの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」を発表した。併せて、IoTのための開発者プログラムを設立した。

 「Wind River Helix Cloud」は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)のためのアプリケーションを開発・実行するためのSaaS(Software as a Service)製品群。設計からテスト、デプロイ、廃棄までのライフサイクルを通じ、IoT技術の構築と管理を簡素化し自動化を図る。

 具体的には、IoTアプリケーションを構築するためのクラウド型の開発環境である「Wind River Helix App Cloud」と、IoTデバイスや複雑なシステムをシミュレーション/テストするためのクラウド型の仮想ハードウェアラボ「同Lab Cloud」、デプロイ済みのIoTデバイスとそのデータを管理するクラウド型基盤「同Device Cloud」を提供する。

 「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」は、デバイスとクラウド間のコネクティビティや通信をサポートする無償のクラウド対応OS。Helix Cloudに直接接続できる。いずれも、インテルとARMアーキテクチャーに対応するほか、主流の商用ボードにも対応していく予定で、デバイス間でのアプリケーションの移植を可能にする。

 Rocketは、32ビットMCUで動作するセンサーハブやウェアラブル機器、IoTエッジを構成するデバイス用アプリケーションを対象にしたリアルタイムOS(RTOS)。一方のPulsar Linuxは、Wind River LinuxディストリビューションをベースにしたバイナリLinux OS。32ビットMCUから64ビットCPUに対応するアプリケーションを対象にしている。

 これらの製品/サービスと併せて、IoTアプリケーションの開発コミュニティを支援する「Wind River Helix Developer Program」を設立した。半導体や、ISV、OEM、ODM、システムインテグレーター、クラウド、通信などの事業者が対象で、エコシステムの構築をうながす。

関連記事

米ウインドリバー、IoTのためのクラウド環境と無償OSを発表米ウインドリバーは2015年11月3日(米国時間)、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)のための総合的なクラウド環境となる「Wind River Helix Cloud」と、無償OSの「Wind River Rocket」と「Wind River Pulsar Linux」を発表した。併せて、IoTのための開発者プログラムを設立した。

PAGE TOP