[新製品・サービス]

ソラコム、IoT通信をセキュアに行うための新サービス

2016年1月28日(木)IT Leaders編集部

ソラコムは2016年1月27日、同社が提供するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)通信プラットフォーム「SORACOM」の4つの新サービスを発表した。セキュリティ強化および他のクラウドサービスとの連携を可能にするサービスを新たに提供する。

 ソラコムが新たに提供するのは、インターネットを介さないプライベート接続を実現する「SORACOM Canal」「SORACOM Direct」、認証サービスの「SORACOM Endorse」、クラウド連携アダプターサービス「SORACOM Funnel」の4サービス。

 SORACOM Canalは、IoTデバイスからユーザー企業のシステムまでを、インターネットを通さないプライベートネットワークで接続するサービス。Amazon Web Services(AWS)上に構築したユーザーのプライベートクラウド「Amazon Virtual Private Cloud(Amazon VPC)」とSORACOMをプライベート接続し、インターネットを介さずにセキュアなデータ通信を行えるようにする。

 SORACOM Directは、AWS 上に構築されたSORACOMとAWS以外のクラウドサービスを専用線で接続するサービス。「AWS Direct Connect」を活用する。これにより、ソラコムの既存サービス「SORACOM Air」を利用するデバイスからAWS外にあるユーザーのシステムまでを、プライベートネットワークで接続することが可能になる。

 SORACOM Endorseは、SIMを活用した認証サービス。SORACOMの通常の通信手段である3G/LTEだけでなく、Wi-Fiや有線通信などの認証にもSIMを活用できるようになる。一度デバイスが認証されると、Wi-Fiなどでも認証を引き継ぐことができる仕組みを提供する。SORACOM Canal、Directを利用すれば、既存の認証サービスと連携したシングルサインオンを構築することも可能だとしている。

 SORACOM Funnelは、クラウドごとの接続アダプターを提供するクラウドリソースアダプタサービス。アダプターを使えば、少ないプログラミングで迅速にクラウドリソースに接続し、クラウド上のアプリケーションを利用できるようになる。現時点での対応サービスは、AWSの「Amazon Kinesis」「Amazon Kinesis Firehose」、マイクロソフトの「Microsoft Azure Event Hub」。

 SORACOMは、IoTデバイス向けのデータ通信サービスとして提供されている、AWSのインフラとNTTドコモのモバイル通信ネットワークを活用したサービスで、ソラコムはNTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)契約を結んでいる。これまで、SIMによるIoTデバイス管理が行える「SRACOM Air」、デバイスにかかる暗号化などの高負荷処理や接続先の設定をクラウドにオフロードできる「SORACOM Beam」の2サービスを提供してきた。今回の発表で、サービス数は6となった。

 また、SORACOM自体にも機能強化を行ったことを発表した。新機能の「SAM(SORACOM Access Management)」は、SORACOMの全操作が行える「オペレーター」の下に、アクセス権限が限定されたユーザーである「SAMユーザー」を発行、ユーザーごとに利用できるAPIや期間などを設定できるようになる。
 

関連記事

ソラコム、IoT通信をセキュアに行うための新サービスソラコムは2016年1月27日、同社が提供するIoT(Internet of Things:モノのインターネット)通信プラットフォーム「SORACOM」の4つの新サービスを発表した。セキュリティ強化および他のクラウドサービスとの連携を可能にするサービスを新たに提供する。

PAGE TOP