[新製品・サービス]

産業用PaaSとSoftLayer、Bluemixを連携―アドバンテックと日本IBM

2016年2月3日(水)IT Leaders編集部

アドバンテックと日本IBMは2016年2月2日、スマートマニュファクチャリングなどIoT(Internet of Things:モノのインターネット)サービスの提供で協業すると発表した。両社のPaaS(Platform as a Service)とクラウド基盤などを連携させた環境で、IoTアプリケーションを実行可能になる。

 今回発表した協業では、アドバンテックが提供するPaaS(Platform as a Service)「WISE-PaaS」を、IBMのクラウド基盤「SoftLayer」やPaaS「IBM Bluemix」と連携させた環境で、IoT関連のアプリケーションを開発、実行できるようにする。

 産業用PCメーカーであるアドバンテックのIoT向けハードウェア製品は、シリアル通信、イーサネット、アナログI/O、デジタルI/O、ワイヤレスセンサーノードなど、様々な物理インターフェースを介したセンサーや機器からのデータ収集に対応する。

 WISE-PaaSは、これらのIoT向けハードウェアが収集したデータを活用するためのデータマネジメント機能や、データを基にハードウェアの状態を監視するデバイスマネジメント機能を、RESTful API(Application Programming Interface)を使って様々なクラウドサービスから利用可能にするものだ。

 WISE-PaaSと、SoftLayerやIBM Bluemixを連携させることで、IoT機器とインターネットを接続するセンサーゲートウェイや、通信機能、センサーなどを搭載したセンサーノードからデータを収集し、これらのデータを基に可視化を図れるようになる。両社は、クラウド上で工場設備機器の稼働状況や環境を可視化し、機器の保全を支援するスマートマニュファクチャリング向けソリューションを提供する。

関連記事

産業用PaaSとSoftLayer、Bluemixを連携―アドバンテックと日本IBMアドバンテックと日本IBMは2016年2月2日、スマートマニュファクチャリングなどIoT(Internet of Things:モノのインターネット)サービスの提供で協業すると発表した。両社のPaaS(Platform as a Service)とクラウド基盤などを連携させた環境で、IoTアプリケーションを実行可能になる。

PAGE TOP