[新製品・サービス]

IoTの実用化を推進するテストベッドの運用を開始―NTT Com

2016年2月19日(金)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年2月18日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)活用と、IoTサービスの信頼性、安全性、経済性、効率性を高めるための技術検証環境「グローバルクラウドIoTテストベッド」の運用を開始したと発表した。そのために、パートナー10社と連携する。

 「IoTテストベッド」は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)活用に向けた高度な先進技術や、サイバーセキュリティ対策、安全対策技術などの開発、導入を推進するためのもの。NTT研究所の先端技術や、国内外のベンダーが開発した新技術、新製品をNTT Comのネットワークやクラウドと組み合わせて実際に動作させる。実用性や性能などを評価検証して、技術の改良や実装方法の改善、オペレーション手法の開発などを各社と共同で実施する。

 IoTに関連する技術、製品を保有する国内外のハードウェアベンダーやソフトウェアベンダー、システムインテグレーターなどが参加する。参加各社にはNTT Comのクラウドサービス「Enterprise Cloud」とグローバルVPN「Arcstar Universal One」を無償提供し、各社の最新の技術、製品、サービスを組み合わせて実装に取り組む。これにより、相互接続性、動作安定性、処理性能、データ解析精度、運用性などを評価検証し、使いやすく安全なIoTサービスの実現に向けた技術開発・サービス開発を推進していくとしている。

 具体的なテーマは、「プロトコル変換ゲートウェイを用いたLANとWANの接続テスト」「多拠点大量データの伝送およびリアルタイム処理性能テスト」「エッジコンピューティング技術の実装テスト」「IoTサービスの開発運用業務効率化に向けた各種API(Application Programming Interface)を活用する開発手法の検証」の4つ。

 プロトコル変換ゲートウェイを用いたLANとWANの接続テストは、産業用Ethernetと呼ばれる、CC-Link IE、PROFINET、EtherNet/IPなどのベンダー固有の通信プロトコルを、通信機器で標準プロトコル(OPC UAなど)に変換する。これをNTT Comのクラウドへ光ファイバーやモバイル回線で送信して、実際の通信速度やデータ処理性能の限界を測定する。

 多拠点大量データの伝送およびリアルタイム処理性能テストは、様々なベンダーのデバイスから送信される大量のデータを損失せずにクラウドで受信し、リアルタイムに処理、蓄積できるネットワーク制御技術やミドルウェア、データベースシステムなどをNTT Comのクラウドネットワーク基盤上で稼働させる。データ処理性能や動作の安定性、実用性を検証する。

 エッジコンピューティング技術の実装テストは、多数のセンサーやカメラが取得する大量のIoTデータの、低コストでの高速、リアルタイム解析の実現を図る。データ蓄積・処理機能をクラウドに加え通信ゲートウェイなどのエッジ(デバイス)側にも分散して、効率的なデータ処理を可能にする「エッジコンピューティングシステム」をNTT Comのクラウドネットワーク基盤上に構築し、処理性能や動作安定性を検証する。

 IoTサービスの開発運用業務効率化に向けた各種APIを活用する開発手法の検証は、新たなIoTサービスやアプリケーションの実現可能性を評価する。必要なデバイス、ネットワーク、クラウド、アプリケーション、セキュリティなどのAPIをGUIを用いて任意に組み合わせ、短時間で容易にIoTサービスの機能を開発・追加できる開発環境をNTT Comのクラウド上に構築する。そのうえでPoC(Proof Of Concept:概念実証)開発を実際に行いながら使い勝手を評価し、サービス開発環境の利便性向上を図る。

 一連の取り組みを通じて得られる成果は、NTT Comのサービス開発、改良に利用するだけではなく、各業種業界の企業や団体と共有していくという。参加企業、団体は随時募集し、アライアンスを国内外に拡大していく予定だとしている。

関連記事

IoTの実用化を推進するテストベッドの運用を開始―NTT ComNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2016年2月18日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)活用と、IoTサービスの信頼性、安全性、経済性、効率性を高めるための技術検証環境「グローバルクラウドIoTテストベッド」の運用を開始したと発表した。そのために、パートナー10社と連携する。

PAGE TOP