[新製品・サービス]

仮想環境におけるSAP S/4 HANA運用検証をJSOLなど4社が実施

2016年2月23日(火)IT Leaders編集部

JSOL、NTTデータグローバルソリューションズ、EMCジャパン、ヴイエムウェアの4社は2016年2月22日、「SAP HANA on VMware vSphere 6」運用検証を実施したと発表した。同環境における運用のベストプラクティスを確立できたとしている。

 4社は、SAPが提供するSAP Co-Innovation Lab Tokyo(COIL Tokyo)を利用し、GlobalのCOILスポンサーおよびメンバーの協力のもと、「SAP S/4 HANA」に関する共同検証を実施した。具体的には、オールフラッシュストレージ「EMC XtremIO」を用いたTDI(SAP HANAテーラード データセンター統合)上に構築した「SAP HANA on VMware vSphere 6.0」で、SAP S/4 HANAの構築および運用に関する実証検証を実施した。

 SAP HANAのTDI上での稼働増加を見込み、TDI環境で利用可能な仮想化ソフトウェアであるVMware vSphere 6.0環境での運用技術を確立するとともに、オールフラッシュストレージの高速性と優れた運用性を実証した。

 今回、「VMware vSphere High Availability」「同vMotion」によるHANAのサーバー移動に関する検証、HANA Storage snapshotとXtremIO snapshotを活用したSAP開発環境の構築、HANAの稼働条件ごとの性能測定、VMware vSphereテンプレートからのHANA環境の構築という4種類の検証を実施した。

 検証結果として、SAP HANA on VMware vSphereとXtremIOを組み合わせたSAP TDI環境によって、インフラ投資に対するコスト削減を図ったり高いストレージ運用性を確立できることを確認したという。検証を通じて各検証環境の構築、操作手順も整備できたとしている。

 今後は検証結果を基に、各社でSAP HANA on VMware vSphere 6.0およびXtremIOを利用したSAP TDI環境の構築を推進していく。

関連記事

Special

-PR-

仮想環境におけるSAP S/4 HANA運用検証をJSOLなど4社が実施JSOL、NTTデータグローバルソリューションズ、EMCジャパン、ヴイエムウェアの4社は2016年2月22日、「SAP HANA on VMware vSphere 6」運用検証を実施したと発表した。同環境における運用のベストプラクティスを確立できたとしている。

PAGE TOP