[事例ニュース]

ニチイ学館がビデオ通訳サービスで医療機関の外国人対応を支援

2016年4月18日(月)IT Leaders編集部

医療機関向けに業務支援を手がけるニチイ学館は、ビデオ通訳サービスの本格提供を開始した。受付窓口などにおける外国人対応を支援するのが目的。5カ国語に対応し、身振り手振りも交えて円滑なコミュニケーションができる。プロジェクトを支援したNECが2016年4月14日に発表した。

 日本で暮らす、あるいは観光で日本を訪れる外国人が増えている。彼ら、彼女らが体調を崩して病院などにかかる際、時として問題となるのが言葉の壁だ。日常会話ができる人にしても、病状や既往歴などを説明するとなるとハードルが高くなる。心細い時こそ、手厚いサポートが必要だ。

 医療機関の経営支援/業務支援を事業の核としているニチイ学館はこのほど、こうした問題の解決を図るために、ビデオ通訳サービスの本格提供をスタートした。全国に約1万ある契約医療機関や、新規医療機関を対象に、受付や会計、夜間・休日の窓口などにおいて外国語でのスムーズな対応をサポートする。

 NECの「クラウド型ビデオ通訳サービス」を活用。これは、専用アプリをインストールしたタブレット端末を用いて、通訳センターと高品質なビデオ通話で接続し、リアルタイムでの通訳を行うもの。現在のところ、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語の5カ国語に対応し、24時間365日利用できる。話者の表情やジェスチャーも伝わるので、状況をより的確に把握してコミュニケーションできる効果が見込める。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 ニチイ学館
事業内容 医療機関向けの経営支援/業務支援
導入システム ビデオ通訳サービス
導入目的 受付や会計、夜間/休日診療などの窓口において、外国人とのコミュニケーションを円滑にするため
主な利用製品 NECの「クラウド型ビデオ通訳サービス」


 

関連キーワード

サービス業 / 医療 / ビデオ会議 / NEC

関連記事

ニチイ学館がビデオ通訳サービスで医療機関の外国人対応を支援医療機関向けに業務支援を手がけるニチイ学館は、ビデオ通訳サービスの本格提供を開始した。受付窓口などにおける外国人対応を支援するのが目的。5カ国語に対応し、身振り手振りも交えて円滑なコミュニケーションができる。プロジェクトを支援したNECが2016年4月14日に発表した。

PAGE TOP