[新製品・サービス]

CTC、米DocuSignのクラウド型電子署名サービスを提供

2016年5月24日(火)IT Leaders編集部

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年5月20日、米DocuSignの署名/捺印の手順を電子化するクラウドサービスの提供を開始したと発表した。そのために、DocuSignと販売代理店契約を締結した。

 DocuSignの電子署名サービスは、署名する書類の交換と署名/捺印をクラウド上で可能にする。クラウドサービスへのログインが署名者の本人認証と連動するため、DocuSignのサーバー上に書類をアップロードして承認フローを設定すれば、Webブラウザーやスマートデバイスのアプリケーションを通して場所を問わずに署名できるようになる。

 電子化した書類による契約は印紙税の課税対象外になり、収入印紙や郵送費用を割愛できる。契約完了までの時間のみならずコストも削減可能で、特に海外企業との契約の効率化などで注目度が高まっている。2015年の電子帳簿保存法の改正により、3万円以上の取引にともなう契約書/領収書について電子保存が可能になったことも背景にある。

 CTCは、顧客管理や契約書管理などのユーザーの既存システムとの連携を含めて、サービスの導入から保守サポートまでを包括的に提供。ファイル共有クラウドサービス「Box」との連携も提供している。これを利用すればBox上で契約内容の協議/修正/確定から、電子署名を通した契約までをペーパーレスで実施可能になる。

 貿易/保険/不動産業やグローバル企業を中心にサービス展開し、3年間で6億円の売上を目標にする。

関連記事

CTC、米DocuSignのクラウド型電子署名サービスを提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年5月20日、米DocuSignの署名/捺印の手順を電子化するクラウドサービスの提供を開始したと発表した。そのために、DocuSignと販売代理店契約を締結した。

PAGE TOP