[イベントレポート]

「大企業を俊敏に」「中小企業のビジネスを大企業並みに」~米NetSuiteが語るERPの意義

SuiteWorld2016が開催

2016年5月26日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

財務・管理会計や販売・在庫管理、生産や物流計画…。こういった業務システムを近代化(モダナイズ)し、事業環境の変化対応力を高めることは、多くの企業にとって重要な課題だ。業務生産性の向上やITコストの低減は当然、情報セキュリティやコンプライアンス(法令遵守)にも直結するからである。クラウドERPベンダーの米NetSuiteは、2016年5月中旬に開催した自社イベントでこれらを指摘。それに向けた新機能を発表した。

 何年も前に構築した業務システムをどう刷新するか? あるいは、世界各国の現地法人や子会社向けのシステムはどうしていくか? 毎年のように変わる法制度や会計基準をフォローする必要があるだけに、特別な機能が必要な一部の生産系や受注系システムを除けば、今やスクラッチ開発(手組み)は合理的とは言えない。それゆえ様々なベンダーが提供するERP(本来の意味は異なるが、ここでは市販される業務パッケージやサービスを総称してこう呼ぶ)の何を選ぶかは、ベンチャーから大企業まで、規模の大小を問わず検討する価値のあるテーマだろう。

 当然、「一定のシェアを持つベンダーの製品なら何でもいい」というわけにもいかない。ERPといっても会計中心、サプライチェーン中心、人材管理(HCM)中心などの違いがあり、ニーズに合うとは限らない。ほかにもオンプレミスかクラウド・ベースか、パートナーや周辺ツールは豊富か、多言語/多通貨にどこまで対応しているか、ベンダーの将来性やソリューションのロードマップはどうかなど、検討すべきことは多い。

 1社のERPで大半の業務をカバーするのか、それとも適材適所で会計や生産、人事、あるいは子会社や海外事業所に別々のERPを採用するのか、といった項目もある。ERPへのIT投資の比重をできるだけ下げ、“攻めのIT”への投資を増やす必要もあるだけにTCO(総保有コスト)も当然、大事になる。

“意外”に見どころが多い「NetSuite」

 特にグローバル対応の点で一歩先を行くのが外資系ERPベンダーだ。中でも忘れてはならないベンダーの1社が、クラウド(SaaS)専業の米NetSuiteである。米ガートナーが発表するマジック・クアドラント(図1、https://www.gartner.com/doc/reprints?id=1-2TW8BC5&ct=151211)に同社の名前はないが、その理由はクラウドのみでの提供という形態が評価基準に合致しなかったからである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】販売に加え、サービス、サブスクリプションの契約を処理
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

「大企業を俊敏に」「中小企業のビジネスを大企業並みに」~米NetSuiteが語るERPの意義財務・管理会計や販売・在庫管理、生産や物流計画…。こういった業務システムを近代化(モダナイズ)し、事業環境の変化対応力を高めることは、多くの企業にとって重要な課題だ。業務生産性の向上やITコストの低減は当然、情報セキュリティやコンプライアンス(法令遵守)にも直結するからである。クラウドERPベンダーの米NetSuiteは、2016年5月中旬に開催した自社イベントでこれらを指摘。それに向けた新機能を発表した。

PAGE TOP