[新製品・サービス]

保守・保全業務を支援するIoT製品を発売─クオリカ

2016年6月15日(水)IT Leaders編集部

ITホールディングス傘下のクオリカは2016年6月14日、産業機械の遠隔監視・予防保全システムをリニューアルした「CareQube+(ケアキューブ・プラス)」を発売した。

 「CareQube+」は、NTTデータイントラマートが開発したIoT(Internet of Things:モノのインターネット)基盤を採用しており、保守・保全業務に必要となる業務モジュールをニーズに合わせて付加できる。機械のさまざまな稼働データを基点としたアフターサービス基盤として使用可能だ。

 ワークフロー・文書管理などの業務モジュールや、利用者ごとに見たい情報をまとめて表示できるダッシュボードなど、オプションも含めさまざまな機能を用意している。

 CareQube+は、情報収集端末・携帯通信網・サーバー・アプリケーションをパッケージ化している。外部センサーデータの収集だけでなく、CANやPLCからの機器内部の情報も収集可能だ。

 産業機械の稼働状況を遠隔で監視し、見える化することも可能だ。情報収集端末(IoT端末)を産業機械に装着することで機械ごとの稼働データを収集し、携帯通信網で専用サーバーへ自動転送できる。

関連記事

保守・保全業務を支援するIoT製品を発売─クオリカITホールディングス傘下のクオリカは2016年6月14日、産業機械の遠隔監視・予防保全システムをリニューアルした「CareQube+(ケアキューブ・プラス)」を発売した。

PAGE TOP