[ビジネスを変える3Dプリンターの基礎知識]

3Dプリンターは、どうやって3次元形状を印刷するのか

2016年8月3日(水)David Miklas(デイビッド・ミクラス、チェコ共和国のbe3D CEO)

3Dプリンターによりビジネスが大きく変わろうとしています。その衝撃は、米Appleが2008年3月にiPhoneのプラットフォームを開発者に公開したことで携帯電話用アプリケーションの作り方が一気に変わった時と同様と見られています。本連載では、そんな3Dプリンターがビジネスに与える影響を考えていきます。今回は、3Dプリンターの印刷技術の基礎をおさらいしましょう。

 米調査会社のIDCによると、3Dプリンターの販売台数は現在の2億9800万台が2019年までに9億4500万台にまで伸びます。市場のCAGR(年平均成長率)は37.1%、アジアのCAGRは58%を超えると予測されています。

 3Dプリンターの特許が失効となった今、3Dプリンターを製造する企業数が増えています。3Dプリンターは一般消費者にとって魅力的な商品なだけに、多くのメーカーが消費者をターゲットに500ドル(約5万円)以下という価格帯に商品を投入しています。しかし、3Dプリンターが驚異的な勢いで採用されているのはビジネスの領域です(写真)。

写真:個人や教育向けの3Dプリンターと工業用の3Dプリンターの例。写真はdebe3製の教育向け「eDee」(左)と工業用の「DeeRed」。いずれも印刷方式は熱溶解フィラメント製法(FFF)写真:個人や教育向けの3Dプリンターと工業用の3Dプリンターの例。写真はdebe3製の教育向け「eDee」(左)と工業用の「DeeRed」。いずれも印刷方式は熱溶解フィラメント製法(FFF)
拡大画像表示

iPhoneというプラットフォームの登場と同等の衝撃

 ビジネス領域における3Dプリンターの衝撃は、2008年3月に米AppleがiPhoneのプラットフォームをソフトウェア開発者に公開した際に類似しています。プラットフォームの公開により開発者たちは新たなアプリケーションの可能性を見出し、また自らのコーディング技術を披露する格好の機会ととらえたのです。発表から4日間で実に10万件以上のSDK(Software Development Kit)がダウンロードされたと言います(発表資料)。

 ビジネス分野での3Dプリンターが急成長している主な理由は3つ挙げられます。第1は価格です。価格帯が大幅に下がったため、多くの企業が費用対効果の高い方法で3Dプリンターによる試作が可能になりました。第2は、3Dプリンターが多数、市場に出回るようになったことで、多くのメーカーが産業向けに適切な多様な素材を開発するようになったことです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】3Dプリンターは日本発!?
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ビジネスを変える3Dプリンターの基礎知識一覧へ
関連記事

3Dプリンターは、どうやって3次元形状を印刷するのか3Dプリンターによりビジネスが大きく変わろうとしています。その衝撃は、米Appleが2008年3月にiPhoneのプラットフォームを開発者に公開したことで携帯電話用アプリケーションの作り方が一気に変わった時と同様と見られています。本連載では、そんな3Dプリンターがビジネスに与える影響を考えていきます。今回は、3Dプリンターの印刷技術の基礎をおさらいしましょう。

PAGE TOP