CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

ブロックチェーンによるイノベーションを加速するOSSの「Hyperledger」

2016年8月15日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

ブロックチェーンが、銀行業務やサプライチェーンなど幅広いトランザクション処理において、コストやリスクを引き下げる新しい方法を提供し始めている。一方でブロックチェーンを実ビジネスに適用するには問題点があるのも事実である。その問題点を解消するためのOSS(Open Source Software)プロジェクトとして「Hyperledger」が動き出している。

 金融分野を筆頭にブロックチェーンの応用への期待が高まっている(関連記事『注目高まるFintech、インパクト先は金融に限らない』)。ブロックチェーンにより、中央集権型のコントロールなしに効率的で信頼できる分散型の台帳管理が実現できたり、契約内容や合意事項、ビジネスルールなどの記録/更新を関係者間で確実に共有したりできるようになるからだ。

 ブロックチェーンのインパクトについて米ゴールドマンサックスは、調査レポートで次のように分析している。

 「ブロックチェーン技術を現物市場の決済に使うことで銀行は、年間60億ドル(6000億円強)を節減できる。取引プロセスの簡略化だけでも年間20億ドル(うち人件費削減が9億ドル、システム運用費用が7億ドル)の経費削減が見込める。かつ年間30億~50億ドルのマネーロンダリングを防止できる」

表1:ブロックチェーンのインパクト(出所:『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査報告書概要資料』、経済産業省)表1:ブロックチェーンのインパクト(出所:『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査報告書概要資料』、経済産業省)
拡大画像表示

 またロシア貯蓄銀行のVPであるンドレイ・シャロヴィ氏は、ブロックチェーンとFinTechの広がりにより「2026年までには、銀行という存在が消え去る」と語っている。国内予測でも、商務情報政策局情報経済課が2016年4 月28日に発表した『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査報告書概要資料』によると、表1のようなインパクトが予測されている。

ブロックチェーンは3つのイノベーションを起こす

図1:ブロックチェーンがもたらす3つのイノベーション図1:ブロックチェーンがもたらす3つのイノベーション
拡大画像表示

 ブロックチェーンがもたらすイノベーションとして、その適用先は大きく3つに分類できる(図1)。

応用1=取引の記録

 銀行業務のうち貯金などのバックオフィス機能は今後、さらなるデジタル化が進み、セキュアで安全な分散台帳システムを実現するブロックチェーンに置き換わっていく可能性が大きい。既にスイスのUBSや英Barclays銀行では、バックオフィス機能へのブロックチェーンの適用実験を始めている。同分野での応用は、既存の金融機関だけでなく、スタートアップ企業の事業ターゲットにもなっている。銀行業務への適用が先行しているが、一般企業における事務作業も対象になっていくであろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「Bitcoin」のブロックチェーンはビジネス適用に問題が
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

ブロックチェーンによるイノベーションを加速するOSSの「Hyperledger」ブロックチェーンが、銀行業務やサプライチェーンなど幅広いトランザクション処理において、コストやリスクを引き下げる新しい方法を提供し始めている。一方でブロックチェーンを実ビジネスに適用するには問題点があるのも事実である。その問題点を解消するためのOSS(Open Source Software)プロジェクトとして「Hyperledger」が動き出している。

PAGE TOP