[新製品・サービス]

TIS、多軸分析による予実管理の精度向上と会計業務の高度化を図れるクラウドサービスを提供

2016年9月15日(木)IT Leaders編集部

TISは2016年9月14日、スーパーストリームが提供する財務会計や人事・給与などの統合業務パッケージ「SuperStream-NX」と、オラクルの予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を連携させたクラウドサービスである、「モダン会計・予算管理ソリューション」を発表した。

 「モダン会計・予算管理ソリューション」は、予算管理業務の一元管理と製品・商品別や地域別などの多軸分析による高度な予実分析を可能にする。

 そのために、TISは、日本の商慣習に最適化した「SuperStream-NX」と、多次元データベースによる高速な分析・検索機能を有する「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」をシームレスに連携させる。

 クラウドサービスの導入からサポートまでをTISが一貫して提供するので、初期コストを抑え、短期間で導入できる。サーバーなどシステムの管理も不要になる。

 予算編成業務を統合することで、予算管理表と会計システムへの2重入力などが不要になり、会計・予算管理業務を効率化できる。財務情報に加え、非財務情報も含めた経営情報基盤を整備でき、さまざまな情報活用が可能になる。

 クラウドサービスとして提供するため、常に最新の機能とアプリケーションを利用でき、制度改正への対応や、IFRS・グローバルへの対応、管理会計の導入、内部統制の導入といった将来の環境変化にも柔軟に対応できるようになる。

 モダン会計・予算管理ソリューションの価格は、会計3利用者・予算管理10利用者の場合で、月額利用料が22万円(税別)から。初期設定費用は別途見積になる。月額利用料には「基本サポート」「会計・予算連携connecter」を含んでいる。上流システムからの仕訳データ連携を行う「仕訳連携connecter」の利用には、別途オプション料金が必要。

関連記事

TIS、多軸分析による予実管理の精度向上と会計業務の高度化を図れるクラウドサービスを提供TISは2016年9月14日、スーパーストリームが提供する財務会計や人事・給与などの統合業務パッケージ「SuperStream-NX」と、オラクルの予算管理クラウドサービス「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を連携させたクラウドサービスである、「モダン会計・予算管理ソリューション」を発表した。

PAGE TOP