[新製品・サービス]

スマートデバイスを活用したRFIDの一括管理アプリケーションを提供―トッパン・フォームズ

2016年11月4日(金)IT Leaders編集部

トッパン・フォームズは2016年11月1日、スマートデバイスの拡張性を活かし、各種情報連携に対応するRFID(Radio Frequency IDentification)アプリケーションソフト「RFtouch」を開発したと発表した。簡単な操作で手軽な情報連携が可能になる。

 「RFtouch」は、iOS対応アプリケーションで、iPhone・iPod touchと装着型リーダー・ライターを組み合わせて使用する。RFIDシステムをスマートデバイスで運用できるようになるため、機動性や操作性を向上できる。端末が持つ通信機能により、リアルタイムでのデータ送受信からシステムアップデートまでの一元管理が可能になるなど、利便性の向上も図れる。

 ICタグ情報の収集に加え、ネットワーク環境利用で管理システムへ1デバイスでアクセス可能になる。入出庫や棚卸しなどの基本機能を備え、ICごとのステータス状態も手軽に登録可能だ。専用端末に比べて安価に導入できる。

 トッパンフォームズでは、ICタグやシステム開発分を含め、同ソフトの販売で2019年に5億円の売り上げを目標にする。

 将来的には、GPSで取得した位置情報やカメラ機能で撮影した画像をIDに付加し、高精度な位置管理を可能にするなど、機能の向上を予定しているという。

関連記事

Special

-PR-

スマートデバイスを活用したRFIDの一括管理アプリケーションを提供―トッパン・フォームズトッパン・フォームズは2016年11月1日、スマートデバイスの拡張性を活かし、各種情報連携に対応するRFID(Radio Frequency IDentification)アプリケーションソフト「RFtouch」を開発したと発表した。簡単な操作で手軽な情報連携が可能になる。

PAGE TOP