プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[イベントレポート]

ITインフラに関わる技術の粋を尽くして企業のデジタル変革を支える姿勢を強調

【Dell Technologiesの研究:パート6】Dell EMC World 2016 レポート

2016年10月25日(火)川上 潤司(IT Leaders編集部)

米Dell Technologiesは2016年10月18~20日、米テキサス州オースティンで年次イベント「Dell EMC WORLD 2016」を開催した。9月7日付でDellによるEMCの買収が完了。その後はじめての大型イベントとあって注目度も高く、世界36カ国から約8000人が会場を訪れた。

 「The trusted provider of essential infrastructure for the next intustrial revolution(次なる産業革命に不可欠なインフラを提供する信頼できるプロバイダ)」──。10月19日の午前9時から始まったゼネラルセッションにおいて、会長兼CEOのマイケル・デル氏は、早朝から会場を埋めたオーディエンスに向かって、Dell Technologiesが担うべき役割を高らかに宣言した。

 言わずもがな、次なる産業革命とはデジタルテクノロジーの進化と普及がもたらす、ビジネスや社会構造の大きな変化を指し示す。

基調講演の壇上に立ってDell Technologiesのユニークな立ち位置を力説するマイケル・デル氏

 デル氏は、コンピューティング能力も、ネットワークの帯域も、ストレージの容量もそれぞれ5年で10倍になる勢いで進化を遂げてきたことに言及。そのスピードが鈍化することはなく15年後には現在の1000倍の水準に達し、しかも各領域の掛け合わせで考えれば、桁違いのパワーを手にできる近未来を強調。IoTについても「今日すでに80億台ものデバイスがネットにつながっており、15年後には、世界人口の25倍に相当する2000億台にまで増加するとの予測もある」と、これから急拡大することを指摘した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】時代に合わせてIT基盤をモダナイズするための近道に
  • 1
  • 2
関連記事

Special

-PR-

ITインフラに関わる技術の粋を尽くして企業のデジタル変革を支える姿勢を強調米Dell Technologiesは2016年10月18~20日、米テキサス州オースティンで年次イベント「Dell EMC WORLD 2016」を開催した。9月7日付でDellによるEMCの買収が完了。その後はじめての大型イベントとあって注目度も高く、世界36カ国から約8000人が会場を訪れた。

PAGE TOP