[新製品・サービス]

日本マイクロソフトとNTT Com、両社クラウドサービスを組み合わせたハイブリッドクラウド基盤を提供

2017年3月27日(月)IT Leaders編集部

日本マイクロソフトとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年3月24日、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」とNTT Comの「Enterprise Cloud」の両クラウドサービスを組み合わせ、グローバルで一体的に利用できるハイブリッドクラウド基盤として提供すると発表した。

 発表したのは、日本マイクロソフトとNTT Comが、安価にスケーラブルなコンピューティングリソースを提供する「Microsoft Azure」と、様々なメニューを備えニーズにきめ細かに対応可能な「Enterprise Cloud」をシームレスに統合したハイブリッドクラウドサービスを共同開発・提供することである。

 具体的には、NTT Comが、Enterprise Cloudのオプションとして、「Azure Site Recovery」「Azure Backup」「Azure Virtual Machines」「Azure Storage」の提供を2017年4月に開始する。同社が提供する管理ポータル「CMP(Cloud Management Platform)」で、ハイブリッドクラウド環境の一元管理、契約からサポートまで一元窓口対応が可能になり、ERPなどのシステムでのDR(Disaster Recovery)環境構築やバックアップを柔軟・迅速に実行できるようになる。

 NTT Comは、Microsoft Azureの運用管理サービスも提供する。同社のICT基盤運用管理サービス「Global Management One」の対象サービスにMicrosoft Azure(IaaS:Infrastructure as a Service)を2017年4月1日に追加する。ハイブリッドクラウド環境の運用業務からBCP対策までを包括的にアウトソースすることが可能だ。

 中堅・中小企業向けには、「Microsoft Office 365」による働き方改革サービスを提供する。NTT Comが提供する各種ネットワークおよびアプリケーションサービスとOffice 365を連携させ、企業・組織、社員の生産性を高めるサービスを展開する。

 両社は、グローバルに展開するネットワーク・データセンターを含むクラウド基盤やクラウドベースのアプリケーションサービスなどを活かし、サービス開発・販売促進・人材育成などでの連携を進めるとしている。

関連記事

Special

-PR-

日本マイクロソフトとNTT Com、両社クラウドサービスを組み合わせたハイブリッドクラウド基盤を提供日本マイクロソフトとNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2017年3月24日、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」とNTT Comの「Enterprise Cloud」の両クラウドサービスを組み合わせ、グローバルで一体的に利用できるハイブリッドクラウド基盤として提供すると発表した。

PAGE TOP