[新製品・サービス]

IoT向け通信規格のリスクを取り除く技術を共同開発―ウフルとZenmu Tech

2017年4月6日(木)IT Leaders編集部

IoTの安全はだれが守る―ウフルとZenmu Techは2017年4月5日、IoT分野での提携を発表した。最初の共同プロジェクトとして、ウフルのIoTオーケストレーションサービスとZenmuのデータ無意味化ソリューションを組み合わせ、IoTプロジェクトにおけるセキュリティリスクを回避するソリューションを開発する。

 IoT向け無線通信規格として期待されるLPWA(Low Power, Wide Area)は低コストが魅力だが、低速通信のためクラウド上にアップするデータ量を制限する必要がある。プロジェクトによっては、機器が故障した場合の事後診断用などのために詳細データを必要とするが、制限によりクラウドにアップできないデータをローカルに保持したままにすると、情報漏洩や改ざんのリスクが発生する。ウフルとZenmu Techは、このような制限された通信環境でも安全にデータを管理する仕組みを、両社の技術の融合で開発する。

 ウフルは、エッジとクラウドを連携するIoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」を提供する。エネブラーは、エッジとクラウドの協調分散制御に必要なアセットのデプロイ/設定/管理の自動化を実現する。

 Zunmu Techのデータ無意味化ソリューションは「ZENMU(センム)」は、AONT(All-or Nothing Transform)方式の秘密分散技術を用いて、データを意味のない状態に変換、分割する。1つの分割片からは、一部の情報を推測することもできない状態で、すべての分散片が揃って初めて元のデータに復元できる。

 今回の共同開発では、両社の技術を融合してIoTの制限された通信環境下で、通信速度や費用の制約により一元的に集約できないデータを、秘密分散技術により無意味化、必要に応じて利用可能にする製品を開発するとしている。

関連記事

IoT向け通信規格のリスクを取り除く技術を共同開発―ウフルとZenmu TechIoTの安全はだれが守る―ウフルとZenmu Techは2017年4月5日、IoT分野での提携を発表した。最初の共同プロジェクトとして、ウフルのIoTオーケストレーションサービスとZenmuのデータ無意味化ソリューションを組み合わせ、IoTプロジェクトにおけるセキュリティリスクを回避するソリューションを開発する。

PAGE TOP