[イベントレポート]

デジタル時代のネットワーク像を提唱―意図を”忖度”してスケールや複雑性問題を解消

Cisco Live 2017

2017年7月4日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

ビジネスや事業のデジタル化はすなわち、企業の通信ネットワークに膨大な数の端末やデバイスが接続されることを意味する。ネットワークに求められる量的なスケールや複雑性への対処、セキュリティ対策は、これまでとは次元の違うレベルになる。となればネットワーク技術の変革=再発明が必要だーー。米Cisco Systemsは自社の年次カンファレンスでこう説き、その上で次世代ネットワーク像「The Network.Intuitive.(直感的なネットワーク)」を提唱した。CIOやITリーダーには、ぜひ理解して欲しいトレンドの1つだ。

 通信ネットワークや関連技術に強い関心を持っているCIOやITリーダーは少数派かも知れない。都市に例えると、ビルや建造物・住宅などにはこだわっても、道路や交通手段に目を向けることが少ないようなものだ。同様に、経営や事業に直結するアプリケーションやデータ、相対的に身近なサーバーやストレージに比べて、通信ネットワークは遠い存在のはずである。もちろんネットワークへの投資は必要だし、万一、障害があれば影響は大きい。だから関連機器を調達する場合には、枯れて安定した安価な製品を選ぶし、運用はプロの専門事業者に依頼すればいい。リスクをもたらす大きな変化を避けるアプローチである。

 しかし、そんなやり方を捨て去り、考え方を変えなければならない状況が到来したようだ。次の疑問への答を考えて頂きたい。

①従業員や関係者のモバイルワークを十分にセキュアな形で可能にするには、どうすればいいか?
②モバイルやウェアラブル、IoTなどのデジタルデバイスが増え、それらの活用の巧拙がビジネスや事業に影響する中で、通信ネットワークは今のままで大丈夫か?
③サイバーセキュリティに関して、既存の対策を強化すれば増大する脅威を防げるか?

 いずれも経営や事業に直結する、目の前の課題である。実際、企業ITにつながるデバイスは指数関数的に増え続け、事業遂行の中で複数のクラウドサービスを使い分ける”マルチクラウド”も、今後は普通になる。軌を一にしてセキュリティのリスクが日々、増大を続ける。となれば運用面1つとっても、既存の通信ネットワークの漸進的な改良だけでは対応困難。今のままでセキュリティを維持するには、利用制限の方向を採るしかない。サーバー技術が仮想化やクラウドへと進化したように、通信ネットワークに関わる技術も自動化など根本的変革が求められる理由である。

 そしてこれを実現するためには、CIOやITリーダーの強い関与が欠かせない。「企業の多くは通信ネットワークの運営を事業者にアウトソースしている。事業者からすれば、人手による作業のままでも、あるいは既存改良でも料金を請求できるので、自動化のような技術革新に投資するインセンティブが働かない。発注者が技術動向を理解し、リードしないと変革は進まない。特に日本ではこの問題は大きい」(ガートナージャパンの田崎堅志ITインフラストラクチャ&セキュリティ担当バイス プレジデント)からである。

 このこと―通信ネットワーク技術の革新の必要性と技術的可能性―を技術面から明らかにしたのが、2017年6月末に米Cisco Systemsが開催した年次カンファレンス「Cisco Live!2017」だった(写真1)。直感的なネットワーク(The Network.Intuitive.)というコンセプトのもとで、「ネットワークを再発明する」と提唱したのだ。目指すのは、リアルタイムで学習し、将来のニーズを予測して自律的にニーズ適合するように進化する。セキュアで、マルチクラウドをサポートし、膨大なデータを扱えるネットワークである。その結果として企業(運営者)がスイッチやファイアウィールなどネットワークの構成要素の細かなことを気にかけず、事業効果に集中できるようにする、という。

写真1:Cisco Live!2017の基調講演に登壇したチャック・ロビンスCEO。会場は中央に演台があり、周囲を客席がぐるりと囲む
拡大画像表示
この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】意図を忖度するネットワーク
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

デジタル時代のネットワーク像を提唱―意図を”忖度”してスケールや複雑性問題を解消ビジネスや事業のデジタル化はすなわち、企業の通信ネットワークに膨大な数の端末やデバイスが接続されることを意味する。ネットワークに求められる量的なスケールや複雑性への対処、セキュリティ対策は、これまでとは次元の違うレベルになる。となればネットワーク技術の変革=再発明が必要だーー。米Cisco Systemsは自社の年次カンファレンスでこう説き、その上で次世代ネットワーク像「The Network.Intuitive.(直感的なネットワーク)」を提唱した。CIOやITリーダーには、ぜひ理解して欲しいトレンドの1つだ。

PAGE TOP