[新製品・サービス]

中堅小売り・商社・外食産業に特化したSAP S/4HANAクラウド―NTTデータGSLが提供

2017年7月31日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2017年7月31日、SAP S/4HANAとSAP BusinessObjectsをベースに、中堅小売り・商社・外食産業に特化した基幹業務アプリケーションをクラウド型で提供するサービス「GBMT(Global Business Model for Trading Company) Cloud with SAP S/4HANA」を発表、同日提供を開始した。

 NTTデータGSLがこれまで手掛けてきたSAP導入プロジェクトから得られた知見を元に、中堅小売り・商社・外食産業に必要な機能をテンプレート化した。これを、ERP(統合業務パッケージ)ソフトのSAP S/4HANA上に構築し、SAPのライセンス、ハードウェア、導入・運用・保守を統合してクラウドサービス型で提供する。

 機能面では、販売管理、在庫購買管理、財務会計、管理会計といった基幹業務を提供。さらに、BIソフトのSAP BusinessObjectsを活用し、予測モデルの自動作成や現場での可視化といった分析機能を提供する。

 クラウド型で提供することによって、通常のオンプレミス型での導入に比べ、早期に運用を開始できるとしている。同社によれば、導入期間は最短で約5カ月。インフラ環境構築、運用設計、アプリケーション要件定義の短縮によって、TCOで約30%の低減を図れるという。

 価格は、初期費用が3800万円から。月額費用はユーザー数に応じて変わる。

関連記事

Special

-PR-

中堅小売り・商社・外食産業に特化したSAP S/4HANAクラウド―NTTデータGSLが提供NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は2017年7月31日、SAP S/4HANAとSAP BusinessObjectsをベースに、中堅小売り・商社・外食産業に特化した基幹業務アプリケーションをクラウド型で提供するサービス「GBMT(Global Business Model for Trading Company) Cloud with SAP S/4HANA」を発表、同日提供を開始した。

PAGE TOP