[市場動向]

NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストがIoT分野の新サービスで協業

2017年8月7日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストの3社は2017年8月7日、IoT分野の新サービスの実現に向けて協業することで合意した。まずは、PKIを利用したコネクテッドカー向けセキュリティサービスを中心に、2017年10月をめどに実証実験を開始する。

 3社はそれぞれ、クラウド基盤構築、組み込みソフト、セキュリティに強みを持つ。これらを組み合わせることによって、コネクテッドカーを始めとするIoT分野でのプラットフォームサービスの提供に向けて協業する。

 背景には、自動車業界を中心にコネクテッドカーおよび自動走行車の研究開発が急速に進んでいる状況や、製造工場においてIoTデータを収集・活用する企業が急激に増加している状況がある。こうした膨大なデータ処理の基盤技術として、エッジコンピューティングが注目されている。

 NTTデータは、クラウドやエッジコンピューティングの基盤技術および大規模プラットフォームの実績を生かして、大量のデータを処理できるクラウド基盤技術を提供するとともに、AI技術を活用した新サービスを創出する。

 ミラクル・リナックスは、車載を含む産業機器向けOSなどの組み込みソフトの実績を生かして、組み込みLinuxや組み込み向けマルウエア対策、FPGAによるデータ解析および暗号化の高速化支援などを提供する。

 サイバートラストは、ネットワークセキュリティ技術と電子認証センターの運用実績を生かして、PKI(公開鍵暗号基盤)に関するサービス全般やSDK(ソフトウェア開発キット)などを提供する。

関連記事

NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストがIoT分野の新サービスで協業 NTTデータ、ミラクル・リナックス、サイバートラストの3社は2017年8月7日、IoT分野の新サービスの実現に向けて協業することで合意した。まずは、PKIを利用したコネクテッドカー向けセキュリティサービスを中心に、2017年10月をめどに実証実験を開始する。

PAGE TOP