[市場動向]

IoT時代のインフラ技術者を育成する社団法人AITAC―NTTコムなど6社が設立

2017年8月28日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、NEC、KDDI、日商エレクトロニクス、シスコシステムズの6社は2017年8月28日、IoT時代に求められるITアーキテクトの育成を目的とした「一般社団法人 高度ITアーキテクト育成協議会」(英語名:Advanced IT Architect Human Resource Development Council、AITAC)を設立したと発表した。

図1●一般社団法人 高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)のロゴ図1●一般社団法人 高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)のロゴ
拡大画像表示

 一般社団法人 高度ITアーキテクト育成協議会(AITAC)は、IoT時代のITインフラを支える人材を育成することを目的とした社団法人である。具体的には、ネットワークとコンピューティングの両方のスキルと、仮想化や外部クラウドなどのソフトウェア資源を利活用できるスキルをもって、ITインフラを運用・管理できる人材を育成する。

 AITACの活動内容は、IoT時代に必要なインフラ技術、すなわち、SDN(ソフトウウェア定義型ネットワーク)やNFV(仮想サーバー型で動作するネットワーク装置)といった技術を習得するために、育成カリキュラムを策定・提供したり、講座を開催したり、関連資格の認定制度を整備したりすることである。

 AITACの設立日は2017年7月26日。所在地は東京都港区海岸1-2-3汐留芝離宮ビル21階。理事長は村井純氏(慶應義塾大学環境情報学部長兼慶應義塾大学環境情報学部教授)が務める。

 背景には、IoT時代のITインフラを運用・管理していくためには、ハードウェアだけでなくソフトウェアのスキルが必要という状況がある。しかし、こうした人材は通信事業者などのIT関連企業に集中しており、数も限られる。AITACは、ITインフラを運用・管理できる人材に対するニーズの高まりに応える。

関連記事

IoT時代のインフラ技術者を育成する社団法人AITAC―NTTコムなど6社が設立 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、NEC、KDDI、日商エレクトロニクス、シスコシステムズの6社は2017年8月28日、IoT時代に求められるITアーキテクトの育成を目的とした「一般社団法人 高度ITアーキテクト育成協議会」(英語名:Advanced IT Architect Human Resource Development Council、AITAC)を設立したと発表した。

PAGE TOP