[新製品・サービス]

LINE@対応メッセージ配信ツールを提供―トランスコスモスとLINE

2017年9月5日(火)IT Leaders編集部

トランスコスモスとLINEの共同出資会社であるtranscosmos online communicationsは2017年9月4日、エンドユーザーの趣味嗜好にあわせた情報配信や、自社Webサイトや店舗への誘導に活用できるLINE@対応のメッセージ配信ツール「KANAMETO(カナメト)」の提供を開始した。LINE@アカウントと連携してセグメント配信が可能になる。

 KANAMETOは、キャンペーンを実施する企業や各種ディーラー、自治体などの利用に特化し、PC上のブラウザーから利用できるLINE@対応のメッセージ配信ツールである。LINEのLINE@アカウント(プロAPI利用プラン)と連携し、特定のエンドユーザーの属性にあわせて、より効果的なタイミングでメッセージ配信を行える。

図1●LINE上のユーザー画面イメージ(出所:transcosmos online communications)図1●LINE上のユーザー画面イメージ(出所:transcosmos online communications)
拡大画像表示

 LINE@で「友だち」になった見込み客に対し、ターゲットを絞ってLINEのメッセージを配信することでWebサイトや店舗への誘導を促進できるほか、アンケート機能を活用することによりキャンペーン応募や予約登録など様々な施策の展開が可能だ。

 LINE@と簡単に連携できる機能やエンドユーザーの属性情報を取得するアンケート機能、顧客データベース機能、属性別のメッセージ配信を設定するメッセージング機能など、LINE利用者へのセグメント配信に必要な機能を一括して備えており、外部システムやデータベースと連携せずに利用できる。高いITリテラシーは不要で、簡単に作業できる画面設計になっている。

 Webフォームを自動生成するアンケート機能は、エンドユーザの属性取得のほかに、キャンペーン応募や各種申し込み、アンケート調査など様々な場面で活用可能だ。

 KANAMETOは、メッセージ配信通数やエンドユーザーデータ数に応じた従量課金ではなく、固定の月額費用で提供する。価格は、初期費用および月額費用がそれぞれ7万円(LINE@にかかる費用は含まず)になる。

関連記事

LINE@対応メッセージ配信ツールを提供―トランスコスモスとLINE トランスコスモスとLINEの共同出資会社であるtranscosmos online communicationsは2017年9月4日、エンドユーザーの趣味嗜好にあわせた情報配信や、自社Webサイトや店舗への誘導に活用できるLINE@対応のメッセージ配信ツール「KANAMETO(カナメト)」の提供を開始した。LINE@アカウントと連携してセグメント配信が可能になる。

PAGE TOP