[新製品・サービス]

アイ・ティ・アール、ユーザー企業向けのITコスト削減支援サービス「IT@Saving」を開始

2008年10月26日(日)

アイ・ティ・アールは10月24日、ユーザー企業向けのITコスト削減支援サービス「IT@Saving」の提供を同日より開始すると発表した。

「IT@Saving」は、ユーザー企業がITコストを適正化するためのサービスで、社内調査からベンダーへの協力要請までをトータルに支援する。

同社によれば、国内のユーザー企業は特定のITベンダーとのつき合いが長くなるにつれ、その関係維持が優先されてシステム開発や運用・保守に関するコストの妥当性の評価が重要視されない傾向にあるという。そのような状況を打破し、ユーザー企業側がサービス内容とコストを客観的かつ公正に評価して、その妥当性を明確にしながらベンダーに改善希望を伝える。

「IT@Saving」サービスの大まかな流れは以下のようになる。(1)社内のサービス現状を分析して評価してその課題を具体的に洗い出す。(2)その結果から、運用保守効率化の対策を提案。(3)ベンダーに対してサービス内容や見積り根拠を明示したサービス仕様書の提出を求める。(4)最終的にユーザー企業が納得できる提案や見積もりをベンダーから引き出す。

同サービスの基本スケジュールは約2~6カ月で、基本提供価格は3,000,000円~(税込み)。

なお「IT@Saving」は、ベンダーに値引きを強要するものではなく、まずユーザー企業において不要な発注を減らし、それまで不明確であったものを目に見えるようにすることで、ベンダーとのWin-Winの関係を構築するサービスであることを同社は強調している。

ITR IT@Savingサービス紹介
http://www.itr.co.jp/saving/

関連記事

アイ・ティ・アール、ユーザー企業向けのITコスト削減支援サービス「IT@Saving」を開始アイ・ティ・アールは10月24日、ユーザー企業向けのITコスト削減支援サービス「IT@Saving」の提供を同日より開始すると発表した。

PAGE TOP