[新製品・サービス]

日本HP、45nm「クアッドコアAMD Opteronプロセッサ」搭載ラックマウントサーバーを発売

2008年12月2日(火)

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月1日、「HP ProLiant」シリーズの新製品として、最新45nmのクアッドコアAMD Opteronプロセッサ“Shanghai”を搭載し、高さ2U(8.6cm)の薄型筐体に、16本のメモリスロット、最大16個の内蔵HDDベイ、最大6つの拡張スロットを備えたラックマウント型サーバー「HP ProLiant DL385 Generation 5p(G5p)」を発売した。価格は28万9800円(税込み)から、12月中旬から出荷の予定。

「DL385 G5p」のCPUには、提供開始が発表されたばかりの「クアッドコアAMD Opteronプロセッサ」の最新版(開発コード名:Shanghai)を搭載。AMD初となる45nm製造プロセス、ネイティブ・クアッドコア設計、6MBキャッシュの採用などによって、前世代の「HP ProLiant DL385 Generation 5(G5)」から67%の電力効率向上が実現したという。

また、メモリ(最大128GB)、HDD(最大16ベイ)、オンボードNIC(4ポート)はG5のそれぞれ2倍となる拡張性を備え、さらに従来の2.5インチSAS/SATA HDDに加えて3.5インチSAS HDDも利用できる。なお、HDD数、拡張スロット数の最大構成時には別途オプション製品が必要となる。

同社によれば、DL385 G5pは管理性や汎用性において、企業のデータセンターでの仮想化によるサーバー統合や、中規模システムのファイルサーバーなど、幅広い用途に向いている。特に、業界最大ともいえる16本のメモリスロットを配備したことで、安価な4GBのメモリモジュールを使用した64GBの大容量メモリの構成に対応でき、導入コストを抑えつつハイエンドな性能が要求される用途での使用も可能となった。

また同時に、DL385 G5p以外のクアッドコアAMD Opteronプロセッサ搭載HP ProLiantシリーズの各サーバー製品においても、Shanghai搭載モデルの一斉発売を発表した。今回発表された新製品は下表のとおり。出荷はいずれも12月中旬からとなる。

製品名希望小売価格(税込み)
HP ProLiant DL385 Generation 5p289,800円~
HP ProLiant DL165 Generation 5(Shanghai搭載モデル)189,000円~
HP ProLiant DL365 Generation 5(Shanghai搭載モデル)294,000円~
HP ProLiant DL585 Generation 5(Shanghai搭載モデル)886,200円~
HP ProLiant DL785 Generation 5(Shanghai搭載モデル)2,383,500円~
HP ProLiant BL465c Generation 5(Shanghai搭載モデル)266,700円~
HP ProLiant BL495c Generation 5(Shanghai搭載モデル)294,000円~
HP ProLiant BL685c Generation 5(Shanghai搭載モデル)1,228,500円~

 


HP ProLiant製品情報
http://www.hp.com/jp/proliant_new/

日本HP
http://www.hp.com/jp/

 

関連記事

日本HP、45nm「クアッドコアAMD Opteronプロセッサ」搭載ラックマウントサーバーを発売日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は12月1日、「HP ProLiant」シリーズの新製品として、最新45nmのクアッドコアAMD Opteronプロセッサ“Shanghai”を搭載し、高さ2U(8.6cm)の薄型筐体に、16本のメモリスロット、最大16個の内蔵HDDベイ、最大6つの拡張スロットを備えたラックマウント型サーバー「HP ProLiant DL385 Generation 5p(G5p)」を発売した。価格は28万9800円(税込み)から、12月中旬から出荷の予定。

PAGE TOP