[技術解説]

半歩先ゆくサプライチェーンマネジメント(SCM)

2008年12月25日(木)

プロセス全体の見える化に進路をとれ 世界的な需要低迷と想定を超える円高が、特にグローバルに事業展開する国内企業に暗い影を落としている。パナソニックのように2008年度上期の決算で過去最高益を記録するのは例外で、多くは業績の下方修正や減産を余儀なくされた。 思うように売れない−。

であれば短中期的な手立てとして、需要の変化を素早くキャッチして、必要な数量だけ作り、売れる場所に必要な数だけ配送する方法、すなわちサプライチェーンマネジメント(SCM)を今より極めるしかない。

10月30日付の日本経済新聞に載ったソニーのハワード・ストリンガー会長のコメントは、それを象徴している。以前から積極的にサプライチェーン改革を進め、SCMの先進企業とされてきたソニーがサプライチェーンを見直すという。

ソニーだけではない。日本コカ・コーラやサントリーなども、厳しい時代に勝ち残るためSCMの強化と高度化を進めている。(本誌)

  • [node:380]
  • [node:381]
  • [node:382]
  • [node:383]
  • [node:384]

 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

半歩先ゆくサプライチェーンマネジメント(SCM)プロセス全体の見える化に進路をとれ 世界的な需要低迷と想定を超える円高が、特にグローバルに事業展開する国内企業に暗い影を落としている。パナソニックのように2008年度上期の決算で過去最高益を記録するのは例外で、多くは業績の下方修正や減産を余儀なくされた。 思うように売れない−。

PAGE TOP