[技術解説]

PART3 SaaSがSCMに与えるインパクト

2008年12月25日(木)

米国では、多数の企業によるSCMを実現する手段として、SaaSを活用するケースが増えている。受発注業務、需要予測、VMIを含む在庫管理、 物流・製造ラインの可視化といったサービスを提供するSaaSベンダーが登場していること、多数の企業を結ぶ場合、外部のサードパーティにアウトソースする方が現実的であることが、背景にある。本記事は米ガートナーが2008年7月28日に発行した「The Impact of SaaS on Multienterprise SCM Is Growing」を翻訳・編集して掲載しています。 アンドリュー・ホワイト (監修:本好宏次 ガートナー ジャパン 主席アナリスト)

現状
SaaSの採用が加速

サプライチェーンの領域では、SaaSを活用するのは難しいという見方がある。SaaSはビジネスプロセスを第3者(サードパーティ)に委託する方法だと考えられてきたからだ。実際、SaaSはSFA(営業支援)やHCM(人的資源管理)のように、これまでプロセスの境界が明確な業務で広がってきた。これらの業務は、他の業務からの独立性が高く、サードパーティに委託しやすい。

しかし現実には前後の工程が密接に結びつくSCMにおいても、SaaSの提供、および利用が広がりつつある。ガートナーが調査したところでは、過去2年間に物流システムの刷新プロジェクトを実施した企業の約50%が、外部のベンダーが提供するSaaSを活用している。ほかにも次のような目的でSaaSの活用を検討する企業が増えている。

  • サプライチェーンの可視化
  • パートナーやサプライヤのパフォーマンス管理
  • 需要予測
  • 協働作業による計画立案
  • サプライチェーン計画の立案とVMI(納入業者による在庫管理)

これを受けて、サードパーティ(SaaSベンダー)側の動きも加速している。そこには2つのタイプがある。比較的最近登場したeマーケットプレイス(オンライン市場)から進化したビジネスプロセス・ハブ(BPH)と、もっと古くからあるVAN(付加価値ネットワーク)が発展したビジネスプロセス・ネットワーク(BPN)である。

Wal-MartやDellのようにBPHやBPNを自前で運用している企業もあるが、増えているのがE2openやSterling Commerce、Wesupplyといった専業ベンダーである(本誌注:前2社は日本法人がある)。彼らは多企業間の受発注、需要予測管理、在庫管理(ベンダーによる在庫管理=VMIを含む)、 物流・製造ラインの可視化などのサービスをSOAに基づいて実装し、SaaSの形態で提供している。これによりサプライチェーンを構成する複数の企業は、共通のデータに基づいて業務処理を進めることができる。これは多企業間が連携するよい見本と言えるものだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

PART3 SaaSがSCMに与えるインパクト米国では、多数の企業によるSCMを実現する手段として、SaaSを活用するケースが増えている。受発注業務、需要予測、VMIを含む在庫管理、 物流・製造ラインの可視化といったサービスを提供するSaaSベンダーが登場していること、多数の企業を結ぶ場合、外部のサードパーティにアウトソースする方が現実的であることが、背景にある。本記事は米ガートナーが2008年7月28日に発行した「The Impact of SaaS on Multienterprise SCM Is Growing」を翻訳・編集して掲載しています。 アンドリュー・ホワイト (監修:本好宏次 ガートナー ジャパン 主席アナリスト)

PAGE TOP