[新製品・サービス]

日本IBMとIBCS、サプライチェーンでCO2排出量を削減するソリューション群を発表

2009年2月17日(火)

日本アイ・ビー・エム (日本IBM) とアイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス (IBCS) は2009年2月16日、工場や倉庫の拠点配置、集荷・配送などの輸送計画をCO2削減の観点で最適化し、サプライチェーンにおけるCO2排出量の削減を提案する 「Green SCM (グリーン・サプライチェーン・マネジメント) ロジスティクス ソリューション群」を発表した。

本ソリューション群は、次の2種類が提供される。

(1) 「Green SCM CO2最適輸配送ソリューション群」
顧客環境へのシステム導入に加えて、シミュレーション実施のみのサービスとしても提供する。

「Green MSTP (Green Modal-Shift Transportation Planner)」
Green MSTPは複数の物流拠点を経由する拠点間幹線輸送について、各種運送便(船舶、航空、鉄道、トラックなど)の運行ダイヤや荷物の納期(到着日時)を考慮して、モーダルシフトや輸送経路を最適化することによってCO2排出コストを含む総コストの削減を計画する。日本IBMの東京基礎研究所で開発した最適化アルゴリズムを使用。

「Green VRP (Green Vehicle Routing Planner)」
Green VRPは物流拠点から集配送先への地域内配送について、拠点から出発するトラックのルートを、デジタル化された道路地図の情報を基に、配送・集荷・時間枠・車種といったさまざまな条件を反映しながら、CO2排出量を最小化する輸配送ルートを短時間で計画する。また、オーダー単位で輸配送を管理できるため、混載でも荷主別・オーダー別でのCO2排出量の算出が可能。日本IBMの東京基礎研究所による独自アルゴリズムを使用。

(2) 「Green SCM CO2最適サプライチェーン・ネットワーク設計ソリューション群」
主にコンサルティング・サービスとして提供する。

「Green WLP (Warehouse Location Planner)」
複数の拠点から荷物を配送する物流構造では、拠点の数と配置によって輸送費用や拠点費用が大きく変化する。Green WLPは、倉庫や工場の新規設置や統廃合の際に、輸送費と拠点の固定費・変動費の総和を最小にする拠点数と位置の検討を支援する。輸送に関わるCO2排出と倉庫での電力消費などのCO2排出を最適化の条件とすることで、CO2排出インパクトを考慮した最適な拠点配置を求めることができる。IBM東京基礎研究所の最適化アルゴリズムを使用。

「Green SNOW (Green Supply Network Optimization Workbench)」
Green SNOWは、原材料調達から顧客配送までのサプライチェーン全体の最適化を行うソリューションで、特にグローバルに広がるサプライチェーン上のサプライヤー、製造拠点、物流センターの配置や輸送経路を、さまざまな要素を考慮したシナリオを基に設計する。従来のコスト・リードタイム要素に加えてCO2排出コストを考慮した設計が可能。

「CTM (Carbon Trade-off Modeler)」
CTMは、調達と流通の観点で、CO2排出量の削減と利益最大化のトレードオフを分析・検証し、コストとCO2のバランスをとるための燃料選択、車両選択、輸送モード選択、輸送頻度、混載のあり方、発地着地などについて、最善のアクションについての意思決定を支援する。

IBMは2008年に、新しいビジョン「Smarter Planet」を打ち出している。そして本ソリューション群も、環境という観点から「Smarter Planet」を実現する要素と位置づけられている。

IBCSでは、2009年1月からGreen SCM専任のチームを立ち上げ、同分野でのビジネス強化を推進。今後日本IBMとIBCSは、「Green SCMソリューション」として、順次、Green PLM (Product Lifecycle Management)やGreen Procurementエリアについて、ソリューションの拡充を図っていく予定。そして両社は、エネルギー使用量を可視化しビジネス・プロセスの変革による最適化を実現する「Green Sigmaコンサルティング・サービス」をはじめとし、本ソリューション群も含めた低炭素社会に向けたビジネス・ソリューション体系を用意し、企業の業務プロセスやビジネス・モデルの変革を支援するとしている。


日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

IBM ビジネスコンサルティング サービス
http://www.ibm.com/services/bcs/jp/

関連記事

日本IBMとIBCS、サプライチェーンでCO2排出量を削減するソリューション群を発表日本アイ・ビー・エム (日本IBM) とアイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス (IBCS) は2009年2月16日、工場や倉庫の拠点配置、集荷・配送などの輸送計画をCO2削減の観点で最適化し、サプライチェーンにおけるCO2排出量の削減を提案する 「Green SCM (グリーン・サプライチェーン・マネジメント) ロジスティクス ソリューション群」を発表した。

PAGE TOP