バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

メールアーカイブの「WISE Audit」で、誤送信防止の新オプションとSaaS対応計画を発表

2009年4月28日(火)

コンピュータシステムエンジニアリング(CSE)とエアー(AIR)は2009年4月27日、両社が販売するメールアーカイブソリューション製品「WISE Audit(ワイズ オーディット)」において、フィルタリング機能の強化と誤送信対策の「時間差配送」オプションの追加を行った新バージョン(V5.0)を2009年5月末日にリリースすることを発表した。同時に、SaaS対応の新製品「マルチテナント版WISE Audit(仮称)」についても発表した。

WISE Auditは、大規模サイトに対応したメールアーカイブやメールの高速検索、フィルタリング、復元といった機能を持つメールアーカイブソリューション。新バージョンのV5.0では、以下の機能が追加または強化された。

(1)フィルタリング機能の強化

  • 正規表現対応:フィルタの設定条件として、正規表現による指定に対応。口座番号やクレジットカード番号の認識ルールを設定することで、情報漏えい防止の強化が促進される。
  • パスワードの有無による添付ファイルのフィルタリング:フィルタの設定条件として、添付ファイルのパスワードの有無に対応。パスワードなし添付ファイルの送信を防止できる。
  • 管理者へのフィルタヒット通知にオリジナルメール添付:フィルタリング条件合致時の管理者への通知メールに、オリジナルのメールを添付できるようになり、管理者の運用負担が軽減可能となっている。

(2)誤送信対策「時間差配送オプション」の追加
メールの配送を一定の時間保留し、保留時間の経過後、自動的に配送。送信者は、自分の保留メールに対し閲覧、削除、配送等の操作が可能で、誤送信も抑止される。

(3)個人保留キューオプション(PQO)
社内より送信されたメールにフィルタリング処理を行い、誤送信の疑いがあるメールと判断された場合などに、個人保留キューに保留。送信者は、保留メール操作ツールから、個人保留キューに保留されたメールの閲覧、削除、配送等の操作を実行できる。

(4)Dominoサーバー対応オプションLinux版
Dominoサーバー対応オプションがLinux対応になり、WISE Auditマシンへの追加インストールも可能になった。

なお同製品では、新バージョンから価格体系が改定され、ユーザー数に応じた価格体系になっている。また、割安に購入可能な製品セットの「WISE Audit Suite」が設定された。同製品セットには、基本機能であるWISE Auditセットライセンス(WISE Auditアーカイブサーバーおよびフィルタサーバー)と主要オプション製品が含まれる。価格は500ユーザーの場合、286万円(税別)から。

「WISE Audit Suite」に含まれる製品は以下のとおり。

  • WISE Auditセットライセンス(アーカイブサーバー+フィルタサーバー) ― 送受信メールのフィルタリングとアーカイブ保存を行う基本セット
  • Exchange/Dominoサーバー対応オプション(いずれかひとつ) ― Exchange/Dominoサーバーで送受信されるメールをアーカイブ保存するためのオプション
  • パーソナル検索オプション ― 自分が送受信した過去のメールを検索・復元できるユーザーツール
  • 時間差配送オプション(新機能) ― うっかり誤送信したメールをキャンセルできるユーザーツール
  • WISE Analyzerオプション ― 情報漏えいや私用メールを監査するフィルタヒットについてのログを分析し、ユニークなグラフとして表現する管理者ツール

同社はさらに、この秋リリース予定の新製品、「マルチテナント版WISE Audit(仮称)」を発表した。シングルシステム・マルチテナント対応により、SaaS事業者のWISE Auditの利用が容易になるだけでなく、複数ドメインを運用する企業でも活用できるとしている。


コンピュータシステムエンジニアリング
http://www.csenet.co.jp

エアー
http://www.air.co.jp
 

関連記事

メールアーカイブの「WISE Audit」で、誤送信防止の新オプションとSaaS対応計画を発表コンピュータシステムエンジニアリング(CSE)とエアー(AIR)は2009年4月27日、両社が販売するメールアーカイブソリューション製品「WISE Audit(ワイズ オーディット)」において、フィルタリング機能の強化と誤送信対策の「時間差配送」オプションの追加を行った新バージョン(V5.0)を2009年5月末日にリリースすることを発表した。同時に、SaaS対応の新製品「マルチテナント版WISE Audit(仮称)」についても発表した。

PAGE TOP