[最前線]

多様化する脅威を背景に活況、その場しのぎの対策と決別へ

2009年6月3日(水)

RSA Conference 2009 開催レポート 2009年4月20〜24日、セキュリティの総合イベント「RSAカンファレンス2009」が米サンフランシスコで開催された。企業システムを脅かす攻撃が多様化、巧妙化していることを背景に、会場には実務直結の情報を求める人が大勢押しかけた。 その場しのぎで対策ツールを導入しても、手間やコストはなかなか削減できないのが共通の悩み。健全なIT社会の実現に向けて、ベンダー、ユーザー、そして識者が理想像と現実解を活発に議論する姿が至るところに見られた。

4月20日のサンフランシスコは朝からぐんぐん気温が上がり、午後2時には街中に設置された温度計が華氏86度(摂氏30度)を指し示していた。現地の人も驚く異常気象の中、中心街からほど近い大型イベント会場のモスコーンセンターには、ジーンズにポロシャツ姿といったカジュアルな格好のビジネスパーソンが大勢押しかけていた。20日〜24日に開催されるセキュリティ関連のイベント「RSA Conference 2009」に参加する人々である。受付を済ませた後に手渡される、厚みが1cm近いガイドブックを見ながら、最終日までの行動計画を念入りにチェックする姿がそこかしこに見受けられた。

RSA Conferenceという名称からは、セキュリティベンダー大手のRSAセキュリティ(EMC傘下)のプライベートイベントだと思い込む人もいるが、実態は異なる。IT関連のセキュリティをテーマとしたパブリックな総合カンファレンスであり、1991年以来、毎年開催されている歴史あるイベントだ。最新技術や標準規格、政策など幅広いテーマに基づき、キーノートスピーチやトラックセッション、展示会で構成する。コミットの度合いが最も高いグローバルダイヤモンドスポンサーとしてRSAセキュリティとマイクロソフトが名を連ね、他にも多くのセキュリティ関連ベンダーがスポンサーとなっている。

RSA Conference 2009の概要

会期:2009年4⽉20⽇〜24⽇
場所:⽶サンフランシスコ

セキュリティに関係する総合的なカンファレンス。基調講演のほか、テーマ別トラックセッションを開催。ベンダーによる製品展⽰コーナーも設ける

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

多様化する脅威を背景に活況、その場しのぎの対策と決別へRSA Conference 2009 開催レポート 2009年4月20〜24日、セキュリティの総合イベント「RSAカンファレンス2009」が米サンフランシスコで開催された。企業システムを脅かす攻撃が多様化、巧妙化していることを背景に、会場には実務直結の情報を求める人が大勢押しかけた。 その場しのぎで対策ツールを導入しても、手間やコストはなかなか削減できないのが共通の悩み。健全なIT社会の実現に向けて、ベンダー、ユーザー、そして識者が理想像と現実解を活発に議論する姿が至るところに見られた。

PAGE TOP