プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[ユーザー事例]

【事例編】JTB、基幹系プラットフォームを刷新 - 進化するITプラットフォーム Part8 

2009年6月19日(金)

メインフレームからオープン系に移行 どんなシステムにも寿命、あるいは移行期が到来する。この4月、JTBは40年にわたって使い続けてきたメインフレームとトランザクション処理専用OSから、オープン系へと完全移行を実施した。 (編集部)

「それでは“ARES”コマンドを投入します。長年、事業を支えてくれてありがとう」。2009年4月8日、数十人の関係者が見守る中、40年間にわたってJTBの事業を支えてきたプラットフォームがシャットダウンされた。

システム停止のセレモニーの様子。後ろ姿(右)はJTB情報システムの佐藤社長、コンソールに座っているのは執行役員の永井雄二氏。TRIPS IIから開発・運用に携わってきたベテランだ
写真1 システム停止のセレモニーの様子。後ろ姿(右)はJTB情報システムの佐藤社長、コンソールに座っているのは執行役員の永井雄二氏。TRIPS IIから開発・運用に携わってきたベテランだ

ARESとは「オートマチックリスタート」の略。プラットフォームとはIBM9672-RA6と、トランザクション処理専用OS「TPF(Transaction Processing Facility)」である。JTBの日々の業務を支える基幹システム「TRIPS」のプラットフォームは、この時点でIBM System p5 595(OSはAIX V5.3)をメインとするオープン系に切り替わった。

旅館やホテルの客室予約システムとして開発されたTRIPS Iが稼働したのは1969年。プラットフォームはIBMシステム360×2台、OSはOS/MFTだった。だが高度経済成長下で、処理量や要求機能が急増する。74年にはTRIPS IIにバージョンアップ。ハードにはIBM360モデル158、OSにはトランザクション処理専用の「ACP(Airlines Control Program、現在のTCF)」を選んだ。モデル158は日本IBMの野洲工場製。障害時に対処しやすいという理由で採用したが、当時、ACPはモデル155用しかなく、「我々が一部を書き換えて158上で稼働させた。それ以来、ずっとACPと歩んできた」(JTB情報システム=JSSの佐藤正史社長)。

TRIPS IIではテレタイプ端末に代えてCRT端末を採用。全日本空輸、東亜国内航空(当時)、日本航空とシステム結合したのに加えて、エース、ルックなどの旅行商品も扱うようになり、総合的な旅行システムに成長した。「システム結合といっても、今のように標準プロトコルはない。異機種、異プロトコル接続を実現するために試行錯誤した」(JSSの永井雄二執行役員)。入力を効率化するページ式のパネル装置やJTBコードと呼ぶオリジナルの漢字コード、専用プリンタなどを、外部のベンダーと協力しながら次々に開発したのも、この頃である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【事例編】JTB、基幹系プラットフォームを刷新 - 進化するITプラットフォーム Part8 メインフレームからオープン系に移行 どんなシステムにも寿命、あるいは移行期が到来する。この4月、JTBは40年にわたって使い続けてきたメインフレームとトランザクション処理専用OSから、オープン系へと完全移行を実施した。 (編集部)

PAGE TOP