[新製品・サービス]

日立、エンタープライズサーバー「EP8000シリーズ」に最新のPOWER6+プロセッサー搭載モデルを追加

2009年5月28日(木)

日立製作所は2009年5月27日、高性能・高信頼なシステム向けであるエンタープライズサーバー「EP8000シリーズ」のエントリーモデル「EP8000 550」「EP8000 520」において、最新のPOWER6+プロセッサーを搭載し、機能強化を行い、2009年5月29日より販売を開始すると発表した。 最新プロセッサーの搭載により、従来モデルと比較して「EP8000 550」は最大約1.15倍、「EP8000 520」は最大約1.26倍のトランザクション処理性能向上を実現した。

エンタープライズサーバー「EP8000シリーズ」は、システムとしてメインフレームクラスの信頼性と可用性を備え、ユーザーの基幹業務システムを支えてきたUNIXサーバー。これまでに、金融機関をはじめ、電力、交通といった社会基盤や企業の基幹業務において多くの採用実績がある。同社独自の「高速系切替機能」や「日立ディスクアレイサブシステム」との連携機能などの高信頼化機能を実現するとともに、安定稼働に役立つ情報提供サービスやAIX予防保守パッチ提供サービス、AIXソースコード解析による緊急パッチの提供サービスといった高信頼なサポートサービスを継続することで、企業、社会の情報基盤システムの安定稼働を支援する。

各製品の特長は以下のとおり。

  1. EP8000 550
    POWER6+(5.0GHz)を最大8wayまで搭載することが可能な中位クラスのエントリーモデルで、POWER6プロセッサーを搭載した従来モデルに比べ、最大約1.15倍のトランザクション処理性能向上を実現。メモリ容量は最大256GB、PCIスロットはI/Oドロワーを接続することで最大51スロットまで増強できる。小規模から中規模の業務システム、データベース、オンライントランザクション処理システムなどに最適な、優れた性能と拡張性を実現する。
  2. EP8000 520
    POWER6+(4.7GHz)を最大4wayまで搭載することが可能な下位クラスのエントリーモデルで、POWER6を搭載した従来モデルに比べ、最大約1.26倍のトランザクション処理性能向上を実現。メモリは最大64GB、PCIスロットはI/Oドロワーを接続することで最大52スロットまで増強できるなど、下位クラスながら非常に高い拡張性を備える。高いトランザクション処理性能を必要とする小規模の業務システム、データベースなどに最適なシステムを構築できる。

各製品の概要と価格は以下のとおり。

モデル 形状 プロセッサー
(周波数)
最大
プロセッサー数
(way)
メモリ
容量

価格
(税込み)

EP8000 550 ラックマウント POWER6+(5.0GHz) 8 4~256GB 1,090万8450円~
EP8000 520 ラックマウント
/タワー
POWER6+(4.7GHz) 4 4~64GB 464万5620円~

 

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

 

関連記事

日立、エンタープライズサーバー「EP8000シリーズ」に最新のPOWER6+プロセッサー搭載モデルを追加日立製作所は2009年5月27日、高性能・高信頼なシステム向けであるエンタープライズサーバー「EP8000シリーズ」のエントリーモデル「EP8000 550」「EP8000 520」において、最新のPOWER6+プロセッサーを搭載し、機能強化を行い、2009年5月29日より販売を開始すると発表した。 最新プロセッサーの搭載により、従来モデルと比較して「EP8000 550」は最大約1.15倍、「EP8000 520」は最大約1.26倍のトランザクション処理性能向上を実現した。

PAGE TOP