[新製品・サービス]

デル、効率性を高める仮想化ソリューション、サーバ、ストレージ新製品を発表

2009年6月20日(土)

デルは2009年6月19日、企業の規模に関わらず「効率性」を向上させる、大企業・中小規模企業(SMB)向けの新製品とソリューションを発表した。顧客の要望に応じて短期間にモジュール単位で提供が可能な仮想化ソリューションサービスと、サーバ、ストレージの新製品により、仮想環境と物理環境を含めたIT環境の計画、導入、および運営管理をさらにシンプル化する。

同社は、今回の発表により、新しいソリューションを中小規模企業に提供するだけでなく、エンタープライズ・コンピューティングの2つの重要な分野、「仮想化」と「ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)」に伴うコストと複雑さを解消するとしている。

■ 新しい仮想化製品とサービスでデータセンター業務のシンプル化を実現

デルは、仮想化導入のための計画期間を短縮する。仮想化により効率的で優れたインフラストラクチャーを迅速に構築する。さらに、仮想環境の管理をシンプル化する、強化された仮想化ソリューションとサービスを提供する。

計画プロセスの改善
デルは新しい仮想化の導入に対し、柔軟かつ必要な部分だけを選択可能な、仮想化コンサルティング・サービス「Dell ProConsult」を提供する。このサービスは、デル自社内のIT環境構築と数多くの導入経験に従ったアーキテクチャーを利用し、より短期間により大きな効果を発揮するコンサルティングを行う。データセンター全体を最適化するため、ITインフラストラクチャーの計画、管理、および運用コストを削減することを目指した多様なコンサルティングの選択肢を用意している。

より迅速な導入
組織の規模に応じた2種類の仮想化インフラ構成により、設計、導入をシンプル化する。

  1. 大企業の仮想化のための構成
    大企業などのインテリジェントな自動化されたデータセンターを実現するため、統一化された構成を迅速に提供できる仮想化プラットフォームとして、Dell PowerEdgeシリーズのブレードサーバとiSCSI SANであるDell EqualLogic PS6000、VMware vSphere 4、およびノベル社のPlatespin Migrateを提供。
  2. 中小規模企業での仮想化のための構成
    中小規模企業での仮想化インフラ構成には、PowerEdge R710、Dell PowerVault MD3000i、バックアップのためのシマンテック社製品を搭載したDell PowerVault DL2000、およびPowerConnectネットワーク・スイッチが、Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V とSystem Center Essentials / Virtual Machine Manager 2008を備えたマイクロソフトの仮想化スイートとともに組み合わされている。
  • ハイパーバイザーの強化 : VMware vSphere 4とCitrix Essentials for XenServer 5.0に対応。
  • VMware vSphere 4へ対応 : 37機種のDell PowerEdgeサーバのプラットフォームすべてにわたってVMware vSphere 4に対応。
  • ディザスタ・リカバリー : デルのEqualLogic Auto-Snapshot ManagerとVMware Editionバージョン2.0の組み合わせは、自動化、およびVMware vSphere 4との統合によりデータの保護とリカバリーをシンプル化する。これによって「常時オンのIT」が実現し、アプリケーションのダウンタイムや、同一の脆弱性の下で管理されているデータが減少し、多大なコスト負担を強いられることなくディザスタ・リカバリーを実現する。

シンプル化された管理
顧客の仮想化環境の必要に応じた最適なシステム管理ソリューションを提供する。

  • デルの仮想化管理ツールキット : Dell Managed Consoleだけでなく、主要なシステム管理プラットフォームを持つマイクロソフト社、シマンテック社、ヴイエムウェア社から提供される、顧客に最適な仮想化環境を管理する製品を選択することが可能。
  • 仮想化の拡張 : ノベル社のPlatespin Migrateのソリューションにより、仮想から物理へ、物理から仮想へ、および物理から物理へのマイグレーションを容易に提供する。

■ 最新のサーバとストレージにより、中小規模企業の仮想化を支援

中小規模向けの製品ラインナップを拡充。ストレージの新製品Dell EqualLogic PS4000シリーズとDell PowerVault NX3000は、中小規模企業やリモート・オフィスが直面しているストレージへの要求に対応する。
「Dell EqualLogic PS4000シリーズ」は、次の3つの顧客の要望に最適な設計がなされている。

  • 仮想化サーバとの連携 : VMware vSphere、Microsoft Hype-V、Citrix XenServerが搭載された仮想サーバと高度に連携し、複数のストレージに自動化されたワークロードバランスや、運用コストを増加させるストレージダウンタイムの発生を抑えて、ストレージキャパシティの再配置と最適化を実現する。
  • ストレージ統合 : 増え続けるデータ容量やパフォーマンスへの要求に対しては、2台目のDell EqualLogic PS4000かハイエンドのDell EqualLogic PS6000を追加することで容易に対応可能。
  • データ保護とディザスタ・リカバリー : スナップショットやリプリケーション、アプリケーションとハイパーバイザーに対応したデータ保護とディザスタ・リカバリーのフル機能が利用できる。また、オートリプリケーション機能を利用することで、リモート・オフィスで管理されるストレージの運用リスクを緩和することが可能。

「Dell PowerVault NX3000」は、WindowsとWindows以外のクライアントの間でファイルを共有し、またSingle-Instant Storage(SIS)テクノロジーによりファイルの重複を減らす。インテル Xeon プロセッサー 5500 番台を搭載したタワー型サーバ、Dell PowerEdge T410およびDell PowerEdge T710と、ラック型サーバDell PowerEdge R410により、中小規模企業やリモート・オフィスが通常利用する一般的なビジネス・アプリケーションのニーズに応える。

  • コンパクトな設計 : 奥行き約61cmで、インタラクティブなLCDパネルを備えたDell PowerEdge T410は、限られたスペースに設置可能なITソリューションを求める中小規模の企業にとって理想的な製品である。
  • 容易な管理と利用 : Dell PowerEdge T410と Dell PowerEdge T710にはワンボタンで、運用管理のシンプル化を強力に進めるLifecycle Controllerが搭載されている。
  • ビジネスとともに成長 : Dell PowerEdge T710は大容量のローカルストレージを持ち、16台のドライブを搭載することが可能なため、リモート・オフィスや成長過程にある企業が、その成長に合わせて社内ストレージを拡大していくことができる。

■ ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC) に適したDell PowerEdge R410

デルは、「Dell PowerEdge R410」をHPC向けサーバとしてラインナップに追加することにより、公共および民間分野のHPCおよび技術コンピューティング環境向けに、機能と性能のバランスが取れた、強力・コンパクト・静粛なラック型サーバとして提供する。

  • バランスの取れた性能 : HPCの高度な作業負荷の下で生産性を高めるよう構成されたDell PowerEdge R410は、技術計算に必要な高度な計算能力を備え、同社の前世代サーバと比較して性能を80%高めている。またポリシーベースの消費電力および熱管理を行い、Energy Smart技術を使用することによって消費電力を抑える。
  • 拡張性と性能の向上 : InfiniBand QDRやDDRなどの高速な相互接続の第2世代PCIeスロットを使用し、第1世代PCIの2倍のI/O帯域理論値を実現し、帯域に大きく依存するアプリケーションに必要なスループットを提供している。
  • 管理の簡素化 : Dell Management Console(DMC)とDell Lifecycle Controllerがあらかじめ搭載され、管理のシンプル化を実現している。
  • 運用に優れたデザイン : システムとイメージの統一を主眼としてデザインされ、またLCD画面はラック間の通路から診断情報にアクセスできる位置に配置されている。

各製品の価格は次のとおり。

タワー型サーバ 「Dell PowerEdge  T710」の価格は、未定。販売開始日は、2009年7月1日。
ネットワークストレージ 「Dell PowerVault NX3000」の価格は、未定。販売開始日は、2009年7月上旬。
タワー型サーバ「Dell PowerEdge T410」の価格は、11万2875円~。発売済み。
ラック型サーバ「Dell PowerEdge R410」の価格は、12万6000円~。発売済み。
iSCSI SAN「Dell EqualLogic PS4000」シリーズ*の価格は、273万円~。2009年6月18日より国内出荷開始。
* 搭載するディスクにより合計3種類のモデルを販売する。価格は3年間翌営業日対応オンサイト保守サービスを含む(エンドユーザ・プロサポート)。


デル
http://www.dell.com/jp

関連記事

デル、効率性を高める仮想化ソリューション、サーバ、ストレージ新製品を発表デルは2009年6月19日、企業の規模に関わらず「効率性」を向上させる、大企業・中小規模企業(SMB)向けの新製品とソリューションを発表した。顧客の要望に応じて短期間にモジュール単位で提供が可能な仮想化ソリューションサービスと、サーバ、ストレージの新製品により、仮想環境と物理環境を含めたIT環境の計画、導入、および運営管理をさらにシンプル化する。

PAGE TOP