[新製品・サービス]

TIS、ファルコンストア、日商エレ、バックアップリカバリとディザスタリカバリ分野で協業

2010年2月17日(水)

TISとファルコンストア・ジャパン(ファルコンストア)、日商エレクトロニクス(日商エレ)の3社は2010年2月16日、企業システムのBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対応に向けたバックアップ・リカバリ(BR)とディザスタ・リカバリ(DR)の分野で協業し、新サービス「BRDRスーパーシステムリカバリ」を2010年3月より提供開始することを発表した。

この協業では、ファルコンストアが提供する高速リカバリソリューションの「FalconStor CDP(Continuous Data Protector)」(以下ファルコンストアCDP)と日商エレが販売代理店を務めるユーティリティストレージ「3PAR(スリーパー)」(以下3PAR)を活用し、TISがユーザーのBCP対応に向けた課題解決のサービスとして「BRDRスーパーシステムリカバリ」を月額3万円から提供する。同サービスは、TISが2009年11月より提供しているITインフラ最適化支援サービス「IT@VSOP」の「災害対策・バックアップ統合」のサービスメニューとして展開していく。

3社は今回の「BRDR スーパーシステムリカバリ」を第1弾として、BR・DR領域を対象とした「BRDRシリーズ」を今後も共同で展開していく予定。また、営業面でも連携し、BCP対応に課題を持つ企業へ「BRDR スーパーシステムリカバリ」を展開し、3年間で12億円の売り上げを目指す。

BRDRスーパーシステムリカバリの特長は以下のとおり。

  1. 共用サービスによる低コスト化
    「ファルコンストアCDP」と「3PAR」によるBR・DR環境をユーザーが共用で活用することで低コストでの提供が可能。また、この共用活用により「容易な導入」「オンデマンドなリソース利用」を実現。
  2. 高セキュリティ
    ユーザーごとにアカウント管理を実施し、ディスク領域やネットワークのセパレート、ファイアウォールの設置、セキュリティ認証の採用などにより、共用でも安心して利用できる。
  3. 幅広い回線帯域に対応
    TIS東京第3センターをハウジング利用いただくユーザーからはLAN(iSCSI)環境にて高速接続。他拠点をハウジング利用されるユーザーからはWAN経由で接続可能で、低帯域回線からも利用できる。
  4. オンラインでサーバ全体を保護
    システム稼動中のオンライン状態でデータ領域だけでなく、システム領域も含めたサーバ全体をバックアップ。
  5. 簡単な操作
    ユーザーの既存サーバ操作端末から操作可能となっており、リカバリ時もユーザーによる簡単な操作で復旧可能。

同サービスの提供価格は、1サーバあたりの初期費用が1万円、月額費用は、「Standard Edition」(ディスク容量10GB付)が3万円、「Database Edition」(ディスク容量10GB付)が4万円。


TIS
http://www.tis.co.jp/

ファルコンストア・ジャパン
http://www.falconstor.co.jp/

日商エレクトロニクス
http://www.nissho-ele.co.jp/

 

関連記事

TIS、ファルコンストア、日商エレ、バックアップリカバリとディザスタリカバリ分野で協業TISとファルコンストア・ジャパン(ファルコンストア)、日商エレクトロニクス(日商エレ)の3社は2010年2月16日、企業システムのBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対応に向けたバックアップ・リカバリ(BR)とディザスタ・リカバリ(DR)の分野で協業し、新サービス「BRDRスーパーシステムリカバリ」を2010年3月より提供開始することを発表した。

PAGE TOP