[技術解説]

最新Xeon/Itaniumの違いを知る Part02

2010年6月8日(火)

Xeon 5600と同7500、Itanium 9300の違いを知る 性能と省電力のバランスが特徴の最量販モデルXeon5600、拡張性と信頼性の高さを指向するXeon7500。これらx86系の延長にあるプロセサに対して、ハイエンドのミッションクリティカル用途を指向するItanium 9300。インテルの3種のサーバー向けプロセサを一言で表すと、こうなる。各プロセサの特徴を、詳細に解説する。

インテルは2010年2〜3月、サーバー向け新プロセサ「Xeon5600番台」「Xeon7500番台」「Itanium9300番台」を相次いで発表した(表2-1)。いずれも、1つのプロセサに複数のコアを搭載することで性能向上を図るマルチコア製品である。

表2-1 Xeon5600番台と7500番台、Itanium9300番台のスペック
表2-1 Xeon5600番台と7500番台、Itanium9300番台のスペック

3シリーズの違いは何か。どんな用途を想定しているのか。プロセサはシステムの心臓部。その性能や機能は当然ながら、サーバーのアーキテクチャ全体に影響するし、ひいては最適なIT投資のタイミングも左右する。そこで以下では、性能や機能の比較を通じて3シリーズの特徴を明らかにしたい。

Xeon5600番台

5600番台は、5500番台と同じ「Nehalemアーキテクチャ」を継承しつつ、製造プロセス(半導体の配線幅)を45nmから32nmへと微細化したXeonプロセサである。プロセス微細化により、単位面積あたりに実装できる回路規模が拡大した。5500番台が1プロセサあたり最大4コアを搭載できたのに対して、5600番台は6コアまで搭載できる。加えて、性能向上に寄与する3次キャッシュ容量を、1.5倍となる12MBへと増強した。1次キャッシュ、2次キャッシュの容量に変更はない。

低電圧メモリーを採用 システム全体を省電力化

性能と電力効率を両立させている点が、5600番台の特徴だ。5500番台の熱設計電力(TDP:Thermal Design Power、設計上想定される最大消費電力)は、38〜130ワット。これに対して、5600番台のTDPは40〜130ワットである。コア数やキャッシュ容量が増加しているにもかかわらず、消費電力量は従来と変わらない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

最新Xeon/Itaniumの違いを知る Part02Xeon 5600と同7500、Itanium 9300の違いを知る 性能と省電力のバランスが特徴の最量販モデルXeon5600、拡張性と信頼性の高さを指向するXeon7500。これらx86系の延長にあるプロセサに対して、ハイエンドのミッションクリティカル用途を指向するItanium 9300。インテルの3種のサーバー向けプロセサを一言で表すと、こうなる。各プロセサの特徴を、詳細に解説する。

PAGE TOP