[新製品・サービス]

遠隔管理機能を強化したラックマウントサーバーの最新版

2010年7月23日(金)

HP ProLiant Generation 7/日本ヒューレット・パッカード 日本ヒューレット・パッカードは2010年5月20日、x86サーバー「HP ProLiant」の最新版「Generation 7(G7)」を発表した。遠隔管理機能を強化したほか、「AMD Opteron 6100」搭載モデルを製品化するなどし、ラインアップの拡充を図る。

シリーズの概要

発表した機種は全部で5種。標準モデルとなる300シリーズは、インテルの「Xeon 5600/5500番台」プロセサを搭載する2Uタイプの「HP ProLiant DL380 G7」と、1Uタイプの「同 DL360 G7」。AMDの「Opteron 6100」プロセサを搭載する2Uタイプの「同 DL385 G7」の3機種。

管理機能を省いたエントリーモデルである100シリーズは、Opteron 6100搭載機種のみで、1Uタイプの「同 DL165 G7」と、スケールアウト用途に特化したモジュール型サーバーシステム「HP ProLiant SL6000 Scalable System」向けのサーバーモジュール(サーバートレイ)の「同 SL165z G7」の2機種となる。

表 各製品の価格一覧
製品名 価格(税込)
HP ProLiant DL380 G7 28万6650円
HP ProLiant DL360 G7 26万5650円
HP ProLiant DL385 G7 26万2500円
HP ProLiant DL165 G7 16万1700円
HP ProLiant SL165z G7 30万4500円

シリーズの強化点

G7のリリースにおいては従来から実装していた機能の強化に重点を置いた。代表的なものが、300シリーズが標準搭載する遠隔管理用チップ・ツール群「HP Integrated Lights Out(iLO)」のバージョンアップだ。

G7製品群が搭載する最新版のiLO 3では、ハードウェアアーキテクチャを従来のPCIベースのものからPCI Expressに変更。チップの動作クロック数を66MHzから250MHzに変更するなど高速化した。遠隔地にある端末からネットワーク経由でProLiantのサーバー画面にアクセスできる「リモートコンソール」機能での画面応答速度や、ネットワーク上にある光学メディアやISOファイルをマウントできる「仮想メディア」機能におけるデータ転送速度を向上した。

なお、廉価版の100シリーズはiLO 3を搭載しないが、機能限定版の「HP Lights-Out 100」というオプション製品を別途販売している。

サーバーの省電力化については前シリーズであるG6の機能を踏襲。300シリーズは同社独自の消費電力抑制機能を備える。具体的にはサーバーの消費電力の上限を設定できる「HP Dynamic Power Capping」や、サーバー内部の各所に温度センサーを設置し、高温個所を集中的に冷却できる「Sea of Sensor」などを搭載する。

各シリーズの用途

Opteron 6100搭載モデルは、2プロセサ構成で最大24個のコアを実装可能。同社はOpteron 6100搭載モデルをサーバー仮想化向け、Xeon 5600/5500番台搭載モデルを大規模高速演算(HPC)向けに位置づける。「サーバー仮想化では、論理プロセサ数よりも物理コア数が多い環境の方が仮想サーバーのパフォーマンス低下が避けられるため、物理コア数が多いOpteron 6100搭載モデルが適する。一方、HPC分野ではプロセサコア数単位で課金するアプリケーションが主流のため、少ないコア数で高いパフォーマンスが出るXeon 5600/5500搭載モデルが適する」(エンタープライズストレージ・サーバー・ネットワーク事業統括インダストリースタンダードサーバー事業本部 製品マーケティング本部 製品企画部担当部長の富田 浩次氏)。

各製品の価格

各製品の価格は表の通り。Xeon 5600/5500搭載のDL380 G7が28万6650円、DL360 G7が26万5650円。Opteron 6100搭載のDL385 G7が26万2500円、DL165 G7が16万1700円、SL165z G7が30万4500円。 (鳥越)

関連記事

遠隔管理機能を強化したラックマウントサーバーの最新版HP ProLiant Generation 7/日本ヒューレット・パッカード 日本ヒューレット・パッカードは2010年5月20日、x86サーバー「HP ProLiant」の最新版「Generation 7(G7)」を発表した。遠隔管理機能を強化したほか、「AMD Opteron 6100」搭載モデルを製品化するなどし、ラインアップの拡充を図る。

PAGE TOP