バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

バックアップ業務の作業負荷を軽減

2010年7月28日(水)

CA ARCserve r15シリーズ/CA Technologies CA Technologiesは2010年5月31日、バックアップソフト群「CA ARCserve r15シリーズ」を発表した。

主に3つのソフトで構成する。「CA ARCserve D2D r15」は、ディスクもしくはボリューム単位でイメージを作成する。増分バックアップを採用したり独自技術でサーバー負荷を軽減したりし、バックアップ作業を高速化できるという。

「CA ARCserve Backup r15」は重複排除機能を備えるバックアップソフト。管理対象のサーバーやストレージなどを構成図として表示する。これにより、各デバイスの相互関係が把握しやすくなり、運用を効率化する。

「CA ARCserve Replication r15」はレプリケーションソフト。データが更新すると自動で複製サーバーのデータも変更する。管理者によるバックアップ作業を実施する手間が省ける。なお、リアルタイムでアプリケーションのデータを保護する「CA ARCserveR High Availability r15」もある。

価格(税別)はD2Dが8万円から、Backupが15万円から、Replicationが19万8000円から。 (折川)

関連記事

バックアップ業務の作業負荷を軽減CA ARCserve r15シリーズ/CA Technologies CA Technologiesは2010年5月31日、バックアップソフト群「CA ARCserve r15シリーズ」を発表した。

PAGE TOP