システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[最前線]

ドキュメントを効果的に利用する

2010年8月20日(金)

Web連載の第2回である本稿では、アジャイル開発におけるドキュメントの問題を取り上げる。いつ、どのようなドキュメントを記述し、利用していくかについて述べていく。

アジャイル開発に関する諸原則を定義したといわれる「アジャイルソフトウェア開発宣言」に、「ドキュメントよりも動くソフトウェアを重視する」という記述がある。このことから、「アジャイル開発ではドキュメントを作成しない」という誤解がいまだに存在している。これは大きな間違いである。あくまでもソフトウェア開発に貢献の少ない無駄なドキュメントを省略していく、というのがアジャイル開発が目指すスタイルだ。

もちろん、従来のウォーターフォール型開発におけるドキュメントとは違った考え方が必要になることは間違いない。基本となる考え方は次の3つである。

  • コミュニケーションのために利用する
  • 必要な事柄は正確に記述する
  • 無駄なことはできるだけ省く

以下、アジャイル開発におけるドキュメントの注意点を述べていく。

コミュニケーションのためにドキュメントを利用する

アジャイル開発ではコミュニケーションを重視し、動作するソフトウェアを開発することを目的とする。ウォーターフォール型のように、契約によりフェーズごとにドキュメントを検収対象とし、その完成をもって終了するというわけではない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

ドキュメントを効果的に利用するWeb連載の第2回である本稿では、アジャイル開発におけるドキュメントの問題を取り上げる。いつ、どのようなドキュメントを記述し、利用していくかについて述べていく。

PAGE TOP