[GDO、社内システム 刷新への道]

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part4—苦渋のリスケ決断

2010年9月6日(月)

GDOにおけるシステム全面刷新への取り組み「G10プロジェクト」は2010年2月、新たなフェーズに突入した。SAP ERPによる会計システム刷新のほか、会員管理、ゴルフ場予約といったサブプロジェクトが要件定義に突入。これに、オンライン販売プロジェクトが続いた。

2010年12月の稼働予定に向けて、順調に駒を進めているかに見えたG10プロジェクト。ところがこの後、大きな転換を迫られることになる。何が起きたのか。大日健CIOと志賀智之IT戦略室長の2〜5月の動きを、日誌風に追う。

2月17日|志賀

会計プロジェクトの要件定義が本格的に始まった。業務要件は、ベンダー選定以前の業務設計フェーズに詰めてある。このフェーズの主な作業は、その要件と標準機能との差分を明らかにし、アドオン開発する機能を切り出すフィットアンドギャップ分析だ。

3月某日|志賀

GDOが作成した要件一覧表の項目1つひとつを、アビームコンサルティングが持つ「小売業会計SAPテンプレート」と比較。アドオン開発が必要か、それともパッケージの機能をそのまま使うかを検討する作業が続く。連日ミーティングで、1日に2〜3回実施することもざら。他のプロジェクトとの打ち合わせもあり、スケジュール表はびっしりだ。明日も朝8時からアビームとミーティング。4月いっぱいで収束させねば。

4月に入り、各プロジェクトの要件や開発スケジュールが固まり始めた。大日CIOは、それらを順次レビューするなかで徐々に不安を高めていった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
GDO、社内システム 刷新への道一覧へ
関連記事

同時進行ドキュメント!GDO、社内システム刷新への道 Part4—苦渋のリスケ決断GDOにおけるシステム全面刷新への取り組み「G10プロジェクト」は2010年2月、新たなフェーズに突入した。SAP ERPによる会計システム刷新のほか、会員管理、ゴルフ場予約といったサブプロジェクトが要件定義に突入。これに、オンライン販売プロジェクトが続いた。

PAGE TOP