[新製品・サービス]

NEC、Microsoft Hyper-V 2.0に対応した無停止型サーバ新モデルを発売

2010年10月22日(金)

日本電気(以下、NEC)は2010年10月21日、マイクロソフトの仮想化基盤「Microsoft Hyper-V」に対応するとともに、CPUやディスク容量を強化した無停止型サーバ(フォールトトレラント・サーバ)「Express5800/ftサーバ」の新モデルを同日より販売開始すると発表した。新製品は、アジア/大洋州にも同日より提供開始し、今後、北米、欧州などにも順次提供していくとしている。

「Express5800/ftサーバ」は、CPU、メモリなど主要なハードウェアをすべて二重化し、ハードウェア障害によるシステム停止のリスクを低減した高可用性サーバである。NECは、VMware社の仮想化基盤「VMware vSphere 4」に対応した無停止サーバを提供しているが、今回「Microsoft Hyper-V」にも対応し、仮想化基盤対応製品のラインアップを拡充した。

新モデルの主な特徴は次のとおり。

  1. Microsoft Hyper-V 2.0に対応
    OSとして「Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise」を採用し、同OSに搭載されている仮想化基盤「Microsoft Hyper-V 2.0」に対応。仮想化基盤上で動作するゲストOS用ライセンスがあらかじめ4ライセンス添付されているため、中堅中小企業など、初期投資を抑えスモールスタートでサーバ統合を行いたい企業に最適である。
  2. インテル社の最新CPUを採用し従来比1.4倍の性能を実現
    インテル社の最新CPUを搭載し、処理性能を従来モデル比1.4倍に向上(Express5800/R320a-M4との比較)。また、搭載可能なディスク容量を従来比2倍の4.8TBまで拡大するなど、サーバ統合基盤に求められる高度なハードウェア性能を実現した。

新モデルの希望小売価格(税抜)と構成内容は次のとおり。

【ミッドレンジモデル】
「Express5800/R320b-M4」(Windows Server 2008 R2モデル)の価格は、226万円~。
構成:インテル Xeon プロセッサー X5670、メモリレス(最大96GB)、ディスクレス(最大4.8TB)、Hyper-V対応。

【エントリモデル】
「Express5800/R320a-E4」(Windows Server 2008 R2モデル)の価格は、148万円~。
構成:インテル Xeon プロセッサー E5504、メモリレス(最大48GB)、ディスクレス(最大4.8TB)、Hyper-V対応。

また、中堅中小企業における導入を加速するため、仮想化環境を新製品上に構築するサービスと新製品をセットにした「仮想化セット ftサーバモデル」の提供を、本年11月に開始する。

なおNECは、2010年11月11日~12日に東京国際フォーラムで開催される「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2010」に同新製品を展示する。


「ExpressPortal」
http://www.nec.co.jp/exp/

NEC
http://www.nec.co.jp/

関連記事

NEC、Microsoft Hyper-V 2.0に対応した無停止型サーバ新モデルを発売日本電気(以下、NEC)は2010年10月21日、マイクロソフトの仮想化基盤「Microsoft Hyper-V」に対応するとともに、CPUやディスク容量を強化した無停止型サーバ(フォールトトレラント・サーバ)「Express5800/ftサーバ」の新モデルを同日より販売開始すると発表した。新製品は、アジア/大洋州にも同日より提供開始し、今後、北米、欧州などにも順次提供していくとしている。

PAGE TOP