[海外動向]

【SAP TechEd 2010(SAP)】技術開発の主軸はリアルタイム性の追求 買収したサイベースの技術を随所に生かす

2010年12月1日(水)

ペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

レポート3. SAP TechEd 2010
技術開発の主軸はリアルタイム性の追求
買収したサイベースの技術を随所に生かす

2010年10月18〜22日 米ラスベガス/独SAP

講演する独SAPのヴィシャル・シッカ最高技術責任者(CTO)講演する独SAPのヴィシャル・シッカ最高技術責任者(CTO)

景気後退を乗り越えた企業が今求めているものは、効果をすぐに体感できるIT投資だ。そうしたなか、独SAPは技術者向け年次イベント「SAP TechEd 2010」を米ラスベガスで開催。基調講演に登壇した最高技術責任者(CTO)ヴィシャル・シッカ氏は、同社が今後注力する技術として、(1)インメモリー・コンピューティング、(2)モビリティ、(3)クラウド、の3分野を挙げた。一見バラバラな3技術だが、それぞれにおける取り組みすべては、今回のTechEdのテーマである「Instant Value. Sustained Results.」を具現化する要素である。

(1)インメモリー 瞬時の分析を可能に

サーバー上のメモリーにデータを展開し、分析処理などを高速化する「インメモリー・コンピューティング」。「ますます安価かつ高速になるメモリーの技術を最大限に生かす」(シッカ氏)ことが、同社がインメモリーに注力する理由だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

【SAP TechEd 2010(SAP)】技術開発の主軸はリアルタイム性の追求 買収したサイベースの技術を随所に生かすペタバイト規模から知見を得る鍵は リアルタイム性とデータ品質の追求 10月下旬、IBM、Teradata、SAPの年次カンファレンスが立て続けに米国で開催された。企業が蓄積し得る膨大なデータ群から、競争力につながる知見をいかに速やかに得るか─。その解を追求するのが各カンファレンスに共通するテーマだ。

PAGE TOP