[新製品・サービス]

日立、データセンター/コンテンツ配信向けブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」を強化

2010年12月3日(金)

日立製作所(日立)は2010年12月2日、データセンター/コンテンツ配信事業者向けのエントリーブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」に、SSDやWindows Server 2008を採用するなどの強化を行い、12月3日から販売を開始すると発表した。

同社では、急拡大するコンテンツ配信やホスティングなどのビジネス向けに、42U(1Uは44.45mm)ラック1台に最大320台という高密度でのサーバーブレードを搭載可能とした、エントリーブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」(以下、BD10)を2010年7月から提供している。

今回、BD10内蔵の記憶媒体に、フラッシュメモリを利用して高速なデータアクセスを可能にするSSDを採用し、HDD搭載時と比べデータアクセスの性能を約2.5倍に向上可能としている。それにより、コンテンツ配信事業者は、高精細な画像や動画など大容量データを伴うコンテンツの配信を高速に実行できるようになる。

また、BD10のサポートOSとして、従来のLinuxに加えWindows Server 2008を採用。Webサーバーなどで利用されるWindowsベースのシステム環境の構築に対応することで、コンテンツ配信事業者は、Web配信や検索エンジンなどWindows基盤で動作するアプリケーションを用いたコンテンツ配信が可能になる。さらに、データセンター事業者は、顧客管理、メールやグループウェアシステムなどWindowsをベースとしたホスティングサービス基盤を提供可能になる。

Windows Server 2008の採用により、Windowsベースのシステムである日立のシンクライアントソリューション「セキュアクライアントソリューション」に活用できるようになり、CPUやHDDなどクライアント端末の機能をセンターに集約して効率的に運用管理できるクライアント統合システムの構築に対応する。また、SSDをあわせて利用することで、ユーザーログイン/ログアウト時などデータアクセス負荷が集中する際の処理を高速化し、より多数のユーザーを集約できるようになるため、省スペースなクライアント統合システムの構築も可能になるとしている。

価格(税込み)は、「HA8000-bd/BD10」SSD搭載(サーバブレード)が32万250円から、「HA8000-bd/BD10」Windowsプレインストール(サーバブレード)が27万900円から。


「HA8000-bd/BD10」に関するホームページ
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/bd/index.html

「セキュアクライアントソリューション」ホームページ
http://www.hitachi.co.jp/products/secure_client_solution/

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

関連記事

日立、データセンター/コンテンツ配信向けブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」を強化日立製作所(日立)は2010年12月2日、データセンター/コンテンツ配信事業者向けのエントリーブレードサーバー「HA8000-bd/BD10」に、SSDやWindows Server 2008を採用するなどの強化を行い、12月3日から販売を開始すると発表した。

PAGE TOP