コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

日本HP、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」を発表

2011年1月19日(水)

日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は2011年1月18日、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」を発表し、3月1日から販売を開始すると発表した。「HP Virtual Rooms」はすでに全世界のHP従業員約35万人が利用しているシステムであり、同社は今回このWeb会議システムを、低コストで容易に実現できるSaaS型で提供する。

「HP Virtual Rooms」は、SaaS型のため特別な設備を用意することなく、インターネット接続環境とWebブラウザがあればすぐに利用することができる。また、同時使用ユーザー数のみで課金を行う、HP独自のライセンスモデルを採用している。これにより、従来までのWeb会議システムのように従業員数分のライセンスプールを購入する必要はないため、導入コストを大幅に削減できる。

「HP Virtual Rooms」の特徴は次のとおり。

  • インターネット接続環境ですぐに利用可能
    インターネット接続環境とWebブラウザがあれば、オンライン上でのミーティングや顧客へのブリーフィング、イベントなどを簡単に開催できる。また、インターネット環境を経由すれば社内外・国内外を問わず、どこからでも接続することができるため、社内のチームメンバー同士はもちろん、国内のグループ企業やパートナー企業、さらには海外拠点とのミーティングにも活用することができる。
  • 同時使用ユーザー数のみに課金
    同時使用ユーザー数のみで課金を行うため、従来のWeb会議システムのように従業員数分のライセンスを購入する必要がなくなる。登録ユーザー数には制限がないため、たとえば、全従業員1000人の企業が同時使用100ユーザー分のライセンス購入した場合でも、1000人の従業員すべてをユーザー登録可能である。登録ユーザーは、1人あたり10ルームまで作成でき、1ルームあたり100MBのコンテンツを蓄積できる。なお、10ユーザーで60日間の試用が可能なので、本格導入前にテスト利用することができる。
  • 幅広いニーズに応えるWeb会議機能
    充実した機能を備え、幅広いWeb会議ニーズに対応する。主な機能は以下のとおり。
    ・ ビデオ(Webカメラ)、音声(VoIP)に標準対応
    ・ アプリケーション共有、デスクトップ(全体/特定領域)共有に対応
    ・ ホワイトボード&編集ツール
    ・ プライベート&グループチャット
    ・ アンケートツール、質問ツール
    ・ 256ビットSSL AES暗号化通信による強力なセキュリティ
  • 日本語対応の24時間電話サポート
    24時間の電話サポートに対応する。日本語には逐語訳での対応となる。

「HP Virtual Rooms」(26同時ユーザー)の価格は、年額56万196円(税込み)。
以降は、ユーザー数に応じた価格が設定される。

なお同社は、「HP Virtual Rooms」を含むHPのユニファイドコミュニケーションを紹介するセミナーを開催する。

セミナー名 : 「HPユニファイドコミュニケーションセミナー」
日時 : 2011年2月15日
場所 : 青山ダイヤモンドホール


「HPユニファイドコミュニケーションセミナー」
http://h50146.www5.hp.com/events/seminars/info/seminar7.html

「HP Virtual Rooms」の海外での導入事例
http://h50146.www5.hp.com/enterprise/casestudy/honda/

日本HP
http://www8.hp.com/jp/ja/home.html

関連記事

日本HP、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」を発表日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は2011年1月18日、SaaS型Webオンライン会議システム「HP Virtual Rooms」を発表し、3月1日から販売を開始すると発表した。「HP Virtual Rooms」はすでに全世界のHP従業員約35万人が利用しているシステムであり、同社は今回このWeb会議システムを、低コストで容易に実現できるSaaS型で提供する。

PAGE TOP