[新製品・サービス]

NTTデータ、レガシーマイグレーションをクラウドで実現するサービスを開始

2011年1月28日(金)

NTTデータは2011年1月27日、総合クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)」マイグレーションサービスに「COBOLクラウド」メニューを追加し、同日よりサービス開始すると発表した。

「COBOLクラウド」メニューは、メインフレーム上に構築されている顧客IT資産に対し、クラウド環境を活用して低コストでオープン系システムへの移行(ダウンサイジング)を実現するサービス。

同サービスは、BizXaaSで提供するクラウド環境に、ミッションクリティカルシステムで実績のある当社のオープン系の基盤ソリューション「PORTOMICS」を組み合わせることで、従来個別SIが必要であったメインフレームシステムのマイグレーションを業務プログラムの移行だけで実現可能とする。これによりダウンサイジングのボトルネックの1つであった移行に伴う初期コスト、期間、リスク等を解決する。

同サービスの特長は以下のとおり。

  • レガシー機能のクラウド提供
    メインフレームシステム特有の代表的な機能群をクラウド環境上で提供する。
    機能例
    ・バッチジョブ制御
    ・階層型DBアクセス
    ・特殊ファイルアクセス 等
  • 導入実績の高い当社ソリューションの組み合わせによる提供
    ソリューション構成
    ・BizXaaS クラウド環境
    ・PORTOMICS メインフレームシステム特有の代表的な機能
    ・PRORIZE 基盤製品組み合わせ技術

同社は、BizXaaSマイグレーションサービスを2011年度に5件、3年で50件程度導入することを目標としている。また、適用先システムの導入に合わせてAMOサービスも提供する予定。


NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/

 

関連記事

NTTデータ、レガシーマイグレーションをクラウドで実現するサービスを開始NTTデータは2011年1月27日、総合クラウドサービス「BizXaaS(ビズエクサース)」マイグレーションサービスに「COBOLクラウド」メニューを追加し、同日よりサービス開始すると発表した。

PAGE TOP