バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

ZLテクノロジーズが大規模向けアーカイブソフトの国内販売体制を強化

2011年2月1日(火)

アメリカでは事業を行うすべての企業に対して、訴訟に関する電子文書を保存し、必要時には提出することを法律で義務付けている。これは日本企業も例外ではない。アメリカでの事業展開をうかがう日本企業においては、訴訟に備えた対策が急務となっている。

こうした企業向けに、電子文書のアーカイブ製品を提供しているのがZLテクノロジーズである。同社の主力製品「ZL Unified Archive」は、連結の社員数が1万人以上の大企業向けアーカイブソフトである。メールやオフィスなどの文書ファイルを保存し、大量のアーカイブデータから該当ファイルを高速に探し出せる点を特徴に打ち出す。

CEOのカン・リョング氏は、大規模環境での運用を可能にする仕組みについて、「グリッドテクノロジーを活用することで、データ量に応じてシステムをスケールアウトできる。1社あたり17万人分のコンテンツを管理した実績があるほか、今後は33万人規模のアーカイブシステムの導入を予定している」という。

検索を高速化する処理機構も備える。ZL Unified Archiveは各アーカイブシステムが持つインデックスを仮想的に統合し、分散したインデックスを読み込む際のボトルネックを解消する。これにより、「10億件の文書から該当ファイルを15秒で探し出した例もある」(同氏)。

同社は今後、日本での事業強化を図る。2010年11月には国内における新体制を発表。日本地区のカントリーマネージャを新たに任命したほか、社員数を2名から4名に増やした。新任のカントリーマネージャー 下和田豊氏は、「今後はパートナーを拡充するなどして、2014年までに売り上げ25億円を目指す」と意気込む。

ZL Unified Archiveの価格(税別)は最小構成で308万円から。

関連記事

ZLテクノロジーズが大規模向けアーカイブソフトの国内販売体制を強化アメリカでは事業を行うすべての企業に対して、訴訟に関する電子文書を保存し、必要時には提出することを法律で義務付けている。これは日本企業も例外ではない。アメリカでの事業展開をうかがう日本企業においては、訴訟に備えた対策が急務となっている。

PAGE TOP