[ザ・プロジェクト]

酒類・食品業界の枠を超えたSCMの担い手へ 4300メーカー、200万件超の商品マスターを統合【ジャパン・インフォレックス】

2011年2月17日(木)

ジャパン・インフォレックスは国分や日本アクセス、菱食など国内の総合卸売大手が扱う酒類・食品のマスターデータ管理を一手に担う。その規模は4300メーカーの商品200万件を超える。IT活用の基本として質と量が共に求められるマスター管理をいかに実現しているのか。システムと業務遂行の両面から工夫のポイントを聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

井口 泰夫 氏
井口 泰夫 氏
ジャパン・インフォレックス 代表取締役社長
1971年4月、国分に入社。EOSやPOSなどのシステム導入・運用を手がけた後、1999年3月に取締役情報システム部長に就任。日本加工食品卸協会情報システム委員会座長、METI流通SCM全体最適化情報基盤整備事業企画委員会委員などの要職を歴任。2006年1月から現職。酒類食品卸売業協働基盤の運営や各種業界標準仕様の普及・推進をけん引している

 

吉田 泰則 氏
吉田 泰則 氏
ジャパン・インフォレックス Inforex 推進部 システム企画チーム 課長
1990年4月、国分入社。北海道支社にて酒類商品の受発注/MD業務に従事した後、1992年3月に本社マスタ管理部に異動し、コード管理業務や営業支援系マスタ管理システムの立ち上げを手掛ける。2002年4月にジェフネットへ、2006年7月にジャパン・インフォレックスへ出向。システム全般の維持・管理および開発の企画立案などを担っている

 

黒田 亮 氏
黒田 亮 氏
ジャパン・インフォレックス Inforex 推進部 システム企画チーム 専任課長
2003年4月に野村総合研究所入社。同社のASPサービス「BizMart」のインフラ設計・構築や、流通業向けシステムの企画・開発などを手掛ける。経済産業省などによる商品情報共有化システム「GDS」の実証実験プロジェクトにも参画。2010年7月、ジャパン・インフォレックスに出向。以来、同社のシステム企画・管理を担っている

 

谷原 郁子 氏
谷原 郁子 氏
ジャパン・インフォレックス Inforex 推進部 商品情報管理チーム 課長補佐
1994年4月に雪印アクセス(現:日本アクセス)入社。マーケティングや商品開発業務を経て、2000年4月からコード管理業務に従事する。2002年4月、ジェフネット発足に伴い同社へ出向、マスター構築を手掛ける。2009年6月、ジャパン・インフォレックスに転籍。EDIデータに関するヘルプデスク/データ管理業務の運用部隊をマネージメントする

 

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連キーワード

SCM

関連記事

酒類・食品業界の枠を超えたSCMの担い手へ 4300メーカー、200万件超の商品マスターを統合【ジャパン・インフォレックス】ジャパン・インフォレックスは国分や日本アクセス、菱食など国内の総合卸売大手が扱う酒類・食品のマスターデータ管理を一手に担う。その規模は4300メーカーの商品200万件を超える。IT活用の基本として質と量が共に求められるマスター管理をいかに実現しているのか。システムと業務遂行の両面から工夫のポイントを聞いた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP